記事提供:gooランキング

3月に入り、いよいよ卒業式シーズン。本日も各所で卒業式が行われているようです。
そんな卒業式で歌われる楽曲には、「この曲を聞くと学生生活を思い出す」という人も多いかと思います。

そこで今回は「時を超えて愛される卒業ソング」を調査・ランキングにしてみました。
どんな歌がランク・インしているのでしょうか?

1位 贈る言葉
1位 仰げば尊し
3位 なごり雪

4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『贈る言葉』!

海援隊のメンバーである武田鉄矢主演のドラマ『3年B組金八先生』第1シリーズの主題歌となった『贈る言葉』。卒業シーズンになるとテレビなどで多く取り上げられるためか、卒業ソングとして印象に残っている人が多いようです。

上戸彩さんや藤本美貴さんをはじめ、大勢のアーティストがカバーしている名曲です。

同票1位は『仰げば尊し』!

『仰げば尊し』は、なんと明治時代から歌われている定番の卒業ソング。

近年、卒業式では流行曲を歌われることが多いようですが、実際に歌ったご高齢の方やアラサー世代を中心に「卒業と言えばこの曲だよね」と感じている人が多い模様。

ドラマやアニメの卒業シーンなどでも幅広く使われており、長く愛されている卒業ソングのひとつです。

3位は『なごり雪』!

こちらも近年卒業式で歌われることが増えたイルカの『なごり雪』。これから旅立っていく若者の姿を描いた歌詞は、まさに卒業にピッタリの内容ですよね。

1975年に発売され、当時大ヒットを記録したこの曲。40年以上経った今でも卒業ソングとして広く親しまれています。

上位には、卒業式で歌われことが多い定番ソングが多くランク・インしました。

気になる4位~49位のランキング結果もぜひご覧ください。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)

調査期間:2017年2月10日~2017年2月15日

権利侵害申告はこちら