記事提供:ORICON NEWS

映画「暗黒女子」のトークイベントを行った飯豊まりえ(撮影・杉山理紗)

飯豊まりえ(19)が12日、東京・日本出版クラブ会館で行われた「本のフェス」イベントで、映画「暗黒女子」(耶雲哉治監督、4月1日公開)のトークショーを行った。

宗教法人「幸福の科学」へ出家した清水富美加(22)とダブル主演の映画。セレブ女子高が舞台で、飯豊は、全生徒憧れの的でありながらブラックな部分をあわせもつ、難しい役どころに挑戦した。

自らとかけ離れた役に苦労し、キャストで唯一監督に呼び出され、演技指導を受けたという飯豊。

耶雲監督から「まりえちゃんは、人生で1回も怒ったことがないんだって?」と聞かれると、「ないんですけど…でも、唯一怒ったことがあって」と打ち明けた。

「藤田ニコルちゃん。お互い中学生のときに、ちょっとしたことだったと思うんですけど。ニコルは怒らないです、『なんで怒ってるの~』って」とものまねをしながら話し、笑わせた。

本のイベントにちなみ、参加者の中学生からおすすめの本を聞かれると「脳科学の本。人と接するのがより楽しくなりました。YouTubeでも、脳科学の先生の講義をよなよな見ています」と、脳科学にはまっていることを明かした。

権利侵害申告はこちら