記事提供:しらべぇ

学校の授業中、先生の話が退屈で眠ってしまった…という経験はないだろうか。これに関して、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳(43)の発言が多くの人からの共感を呼んでいる。

■「自分の授業の録画して最後まで寝ずに見てほしい」

8日、淳は自身のツイッターを更新。「眠たくなってしまう退屈な授業をしてる先生へ」と、教師に対して「自分の授業の録画して自宅でしっかりと見て欲しい。最後まで寝ずに…」と皮肉めいたアドバイスを送った。

発言を裏返せば、授業で寝てしまう生徒の原因は教える側の教師にもあるという主張だ。

■ネット民からは賛否両論の声

淳のこの発言に対して、ネット民からはさまざまな意見が。

支持する意見としては、「ただただ教科書を読み進めているだけの教師のせい」「楽しませる工夫を持っても良い」と、教師としてのあり方について批判する声が多く見られた。

・黒板にズラズラ書いて、「はい写して」「ハイ終わり」の教師が多すぎる
・楽しい授業、興味が湧く授業は「終わってほしくない」ってほど受けていられます
・芸人さんほどではないけど、適度に笑いを入れてもらえると集中できる。
・「寝るな!」と言われても、寝てしまうような授業をする教師がいるから仕方ないよね

出典しらべぇ

一方、否定派の意見としては、「寝てない生徒が大半だからその子が悪い」「教師のせいにするな」と授業に対する生徒側の姿勢に問題があるという主張のようだ。

・寝てしまうのは生徒の授業に対する姿勢が悪いだけで、それは間違ってるでしょ
・眠たくなるのはその生徒本人のやる気がないからでしょ?教師のせいにするのは…
・かなり忙しい先生が多いので、そこまで目を向けている人は少ないかと…
・先生の大変さもわからないのに語るな!夜遅くまでネットをして授業中寝ている生徒も教師のせいですか?全国の教師に謝ってほしい

出典しらべぇ

どちらの言い分もわかるだけに賛否両論のコメントがたくさん見られた。淳のこの発言は、客を楽しませるお笑い芸人だからこそ生まれるものなのかもしれない。

権利侵害申告はこちら