記事提供:日刊SPA!

ゴメス記者が東スポ経由で仰天の情報をキャッチした!なんと!!「当局の規制強化によって、AVの本番行為がついに禁止となる(かもしれない?)」というのだ。

我々男子ユーザーからすれば、まさに死活問題!?もし万一、万が一である。それが近未来、「ちまたの常識」となった日にゃあ…「アダルトビデオ」、すなわち「まだまだ最優良とされるオカズ」事情は一体どうなってしまうのか?

まず、上述した“東スポスクープ”の詳細を一部抜粋みると、以下のとおりである。

[無修正のアダルト動画の撮影現場にAV女優を派遣し、撮影や配信を手助けしたとして、警視庁は3月2日までにわいせつ電磁的記録頒布ほう助容疑で芸能プロダクション『ディクレア』の社長や出演していた男優、元女優ら計5人を逮捕。昨年からAV出演を強要された女性たちが次々と実体験を明かし、これに関連した摘発が相次いでいる。その流れで、AV撮影の本番行為が禁止され、今後はすべて疑似モノとなる可能性も…?日本が世界に誇る巨大エロ産業が、大きな岐路に立たされている。]

「(世界で確立された人権水準を国内外で実現するための)NPO法人『ヒューマンライツ・ナウ(HRN)』が昨年8月、(国内AVメーカーの7割以上が加盟し、審査を受けている)NPO法人『知的財産振興協会(IPPA)』への要請書のなかで

『(AV)出演強要被害の再発防止および人権侵害の防止のため当面取り組むべき最優先事項』の一つとして『本番の性交渉をしないこと』を提案した」とか、「IPPAに今年1月末、内閣府から『本番行為は禁止と大筋で決まった』

と連絡があった(※現時点では、IPPA側も内閣府側もこれを否定)」…とか、さまざまな“噂”が錯綜するなか、ギョーカイは戦々恐々状態、なのだそう。

そもそも、本来AV制作においては、あくまで「疑似」が建て前であり、「本番」は法律的にグレーゾーン…なんだが、“お上の黙認”のせいで(おかげで?)、今のAVはなし崩し的に「ほぼ100%本番」が当たり前なのだという。先ほどの東スポ記事によれば、

「5年ほど前までは疑似だった芸能人AVなんかも今は挿入しています。疑似だとネットに書かれてすぐバレるし、売れませんから。(中略)4~5年前は1作平均して(売上本数が)2000本だったのが、今は平均500本ほど。本番禁止になったら、メーカーや販売店は大変です」(AV関係者)

AV撮影での本番行為を全面禁止することが、はたして去年あたりから立て続けに表面化している一連の「女性人権問題」の本質的な解決につながるのかどうか…僕、ゴメス記者にはわからない。

わからないので、とりあえず今回は「本番ナシのアダルトビデオ」が本格的に法令化された場合、「作中に及ぼすであろう影響」だけに焦点を絞り、その“今後”を大胆予測してみたい。

(1)「疑似」を前提として鑑賞する男性ユーザーの目が、より肥えてくる

モザイクに隠された結合部分が「100%未挿入」だと公になる…ということは、女優の容姿や前戯のテクニックや性交渉に至るまでのプロセスなどにこだわる男性ユーザーが必然的に増えていく…のではなかろうか。

(2)女優・男優に演技力が求められる

…となれば、もちろんのこと女優や男優にも、いにしえのロマンポルノ映画クラスの演技力を求められるようになる…のではなかろうか。

(3)女優に求められるモノのハードルが高くなるため、AV女優が激減する

「ただ入れられて喘いでいるだけ」といった、ある意味“楽チン”な手抜きが許されなくなるゆえ、「AV女優」が、よりなんらかの覚悟とスキルを持った女性にしかできない職業となっていく…のではなかろうか。

(4)女優・男優のギャラが安くなる

しかも、これまでは「本番行為への対価」として解釈されていた高額なギャラが半額以下となってしまうケースもあり得なくない。さらに、その“値切り感”は男優にまでも飛び火する…のではなかろうか。

(5)一作にかかる制作の負担は重くなる

基本、射精がなくなり、性行為自体が演技中心となっていくわけだから、予算を削られたうえに、現場ではNG→リテイクが何度も繰り返される…のではなかろうか。

(6)いっそう変態的なセックスが主流となる

たとえば、「アナルだったら女性器には入れてないから平気でしょ?」みたいな“新しい逃げ道”が見いだされ、(撮影中の)性行為がマニアックに変態化され、結局はイタチごっこと化していく…のではなかろうか。

(7)無修正モノの流出が無意味になる

入っていないんだから、無修正のハメシーンを見せられても、かえって興醒め。どうしても挿入にこだわりたいなら、制作側もユーザー側も法を犯してアンダーグラウンドへと潜るしかなくなっていく…のではなかろうか。

う~ん、絶望的な予想…って気もするし、案外悪くないのでは…って気もしなくはない。

いずれにせよ、我々のような“使うだけの部外者”は、このままじっと静観を続けるしかないのであった。

【山田ゴメス】

1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。

日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(PC版)も配信中。著書『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら