飲酒運転を疑われた大学生が、飲酒運転じゃないことを証明する為に取った驚きの行動が

斬新すぎる!
■その発想はなかった!
凄い。芸は身を助けるんだな。(笑)

と、海外を中心に話題となっているので紹介したいと思います。

「大学キャンパス近くでの徐行運転は、まず飲酒運転を疑います」

そう話すのは、パトロールにあっていたKeith McKay巡査部長。この日も、目の前に、ゆっくりと走る不審車両を発見。すぐに停車するよう呼びかけます。

深夜で車通りが少ないにもかかわらず、ゆっくりと運転している車。そして、撮影場所はアメリカ、アーカンソー州コンウェイにある「セントラル・アーカンソー大学」周辺。

これは飲酒運転確定!?

そして、不審車両。警察に驚いたのか、すぐに左折し

お店の駐車場に停車します。

不審車両に近づく巡査部長。すると、車内には1人の大学生が!

「なぜ、徐行運転してたの?お酒飲んでる?」

大学生に問いただす巡査部長。しかし、大学生は

「一滴も飲んでいない」

と言い張ります。

実はこの大学生。図書館から自宅へ戻ろうとしていたところ、突如、片方のブレーキランプが切れてしまったのだそうで、その結果、慎重に運転していたのだとか。

巡査部長「その話、本当?」

大学生「本当ですって!」

巡査部長「ちょっと外に出てくれる?」

車の外に連れ出される大学生。

その後も

「飲んでない!」
と主張する大学生ですが、やはり疑う巡査部長。そんな押し問答が続く中…

ここで大学生。誰もが予想だにしない驚きの行動に出るんです!

「実は僕、マジシャンなんです!」

突然告白する大学生(笑)そして

酔ってたらジャグリングなんて出来ませんよね

と言わんばかりの表情で

車から「クラブ(ジャグリングする為の棒)」を取り出すと…

なんと!巡査部長の前でまさかのジャグリングを開始

なお、最初こそ、普通のジャグリングでしたが、酔っていない事を猛烈にアピールしたい大学生は(笑)、徐々に難易度をあげていき、背中越しにクラブを投げる「バッククロス」。さらに…

足の下を通す「アンダー・ザ・レッグ」を披露!

最後はクルッと回ってキメポーズ!

これは酔ってたら、絶対に出来ませんね(笑)

では、飲酒運転の疑いをジャグリングで晴らす衝撃の一部始終を動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

さすがアメリカ!これは日本じゃありえない!

「君は酔っていない。疑って悪かった」

握手を交わす大学生と巡査部長。ちなみに巡査部長は、会話している時点で酔っていない事は薄々気付いていたそうなのですが、どうしても生でジャグリングが見たかったとのことです(笑)。これは日本じゃ絶対にありえない光景ですね。

「JUGGLER(手品師)」というナンバープレートが巡査部長を惹きつけたのかも!?

「マジック・ショーに招待するように!」との約束が交わされ、無事に解放されたという大学生。芸は身を助けるっていうのは…本当だったんですね(笑)

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら