記事提供:ORICON NEWS

4月が近づき、どの企業も新社会人となるフレッシュマン&フレッシュウーマンを迎える準備をしているこの時期。

既に社会人となった先輩は、「同じ釜の飯を食う」ことになる後輩に、ビジネススキルや礼儀作法以外にどのような要素を望んでいるのだろうか?そんな“理想の後輩像”を有名人から選ぶなら誰になるのか?

そこでORICON NEWSでは30代~50代男女の社会人を対象に調査した『理想の後輩ランキング』を発表。男性ではプロ野球の【大谷翔平】、女性では、女優【土屋太鳳】がそれぞれ1位に選ばれた。

男性1位の大谷は、投手と野手の“二刀流”を実現!謙虚かつストイックな姿勢も好評価

“二刀流”の大谷翔平選手が1位。

まずは“男性編”から振り返ってみよう。

1位に選ばれた、北海道日本ハムファイターズ【大谷翔平】は、プロ野球史上類を見ない投手と野手を両立する“二刀流”選手。

投手としては球速165km/hというNPB最速を記録し、昨シーズンはNPB野球史上初となる投手と指名打者の2部門でベストナインに選出された。

その実力は、プロ野球監督を歴任した名将・野村克也から「プロ野球80年の歴史で、あんな選手は初めてだろう」と讃えられたほど。プライベートでは外出をほとんどせず、練習に打ち込むなど大谷の生真面目な姿勢を讃える男性からの支持が多数となった。

大谷を“理想の先輩”とする主な要因として「真摯に取り組む姿が、先輩に良い刺激を与えてくれると思うから」(長野県/40代/男性)、「自分をしっかりと持っていて受け答えも完璧」(福岡県/30代/男性)など誠実な仕事ぶりを評価している。

新たな刺激をくれる部下として羨望される菅田将暉

映画にバラエティに引っ張りだこの菅田将暉。

続く2位には俳優【菅田将暉】がランクイン。

昨年は、女優・小松菜奈とのダブル主演の映画『溺れるナイフ』など9本の映画に出演し、今年もすでに5作が公開予定と俳優として最も脂が乗っている時期。

アーティスト・GReeeeNを描いた映画『キセキーあの日のソビトー』では、映画から生まれたユニット・グリーンボーイズとして歌手デビューも果たすなど、まさにエンタメシーンをけん引する存在となった。

人気俳優ながら、『しゃべくり007』(日本テレビ系)ではピコ太郎などのモノマネにも挑戦するなど気さくな面も見せており、「明るく仕事をしてくれそうだから、見ているだけで楽しそう」(愛知県/30代/女性)、「仕事がスムーズに進むために一番必要なのは要領の良さ。菅田くんはなんでも器用にこなすイメージ」(和歌山県/40代/女性)など、こちらは女性からの支持が多数。

男性からも「前向きで面白い。こちらも何らかの刺激を受け、成長できると思う」(兵庫県/50代/男性)と、新たな刺激をくれる部下として頼りになると目されている。

男性からも「かわいい」の声多数の神木隆之介

2歳から芸能界入りし活躍している神木隆之介。

3位にランクインしたのは俳優【神木隆之介】。

2歳で芸能界入りし、映画『桐島、部活やめるってよ』に主演したほか、声優としても活動。アニメ映画『千と千尋の神隠し』、『君の名は』、『ハウルの動く城』と歴代邦画興収ランキング1~3位にすべて出演している。

現在23歳ながら、今年公開の映画『3月のライオン』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』では、いずれも高校生を演じており、フレッシュなままの容姿に「笑顔がかわいい。丁寧に教えたくなる」(奈良県/30代/男性)、「かわいくて、天然なので、癒されそうだから」(千葉県/30代/男性)など男性からも「かわいい」の声が多数聞かれた。

一方、女性からは少年時代のイメージを崩さないまま大人の演技力を身に着けたその姿勢に「誠実に仕事をしてくれそうだし、いるだけで癒される」(東京都/40代/女性)との意見も散見された。

女性1位の土屋太鳳はザ・体育会系女優!何事にも全力で健気な姿勢が好評価

さまざまなキャラクターで魅了する土屋太鳳。

続いて“女性編”を見ていこう。

1位の女優【土屋太鳳】はNHK朝の連続テレビ小説『まれ』主演でブレイクし、今年は映画『PとJK』など主演作4作が公開を控えている。

とにかくストイックな性格で知られ、日本女子体育大学に通う運動神経を活かし、昨年10月の『オールスター感謝祭』(TBS)の「赤坂5丁目ミニマラソン」に出場した際には、総合8位、女子1位に入賞。

顔面蒼白になりながらもゴールし、それでも出演ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)をアピールする健気な姿が話題を呼んだ。

やはりその健気な姿勢を支持する声が多く、「マラソンでさらに大好きになった、文句なし!いい子だから」(長野県/50代/女性)、「『感謝祭』でのマラソンがとても感動的。頑張ってくれそう」(奈良県/30代/男性)とどんな仕事にも誠心誠意対応してくれることを期待する意見が挙がった。

また土屋は、日々の心情を熱心に綴る長文ブログでも知られており、「ブログの長文など元気・努力家・聡明。非の打ち所がない女性」(北海道/40代/男性)と評価。業務日誌や企画書の執筆などの作業にも彼女の才能は発揮されそうだ。

天性の“座持ちの良さ”で交渉ごとにも重宝しそうな小島瑠璃子

キャスターとしても活躍中の小島瑠璃子。

2位にランクインしたタレント【小島瑠璃子】は、バラエティ番組だけでなく、情報番組『サタデープラス』(TBS系)、スポーツニュース番組『S☆1』でメインキャスターとして活躍。その仕事ぶりはタレント・ヒロミが「天才」と絶賛している。

アンケートでは「頭の回転が早く、説明もすぐに飲み込んで戦力になりそう」(東京都/40代/女性)、「元気で積極的でかわいげがあって、お互いに垣根なくぶつかり合えそうな気がする」(千葉県/50代/男性)などの意見が多く、瞬時の判断が重要な交渉事などでも活躍してくれそうだ。

さらに、「いつもニコニコしていてガッツもありそう。雑談、飲み会も楽しそう」(愛知県/50代/女性)など、“飲みの席”での彼女の活躍を望む声も多かったことも特徴的だった。

父親譲りの明るさで職場を元気にしてくれそうな岡田結実

現在、大ブレイク中の岡田結実。

3位のタレント【岡田結実】は、お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右の娘で、幼少から芸能活動をしていたものの、昨年大ブレイク。

16歳ながら、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)レギュラー、『誰だって波瀾爆笑』(同局系)ではMCを担当。

父とは共演しないことを明言しているものの、「閉店ガラガラ」など、父のギャグを次々に披露しており、「かわいいのに親のギャグも披露してはじけるところ」(千葉県/50代/男性)、「面白くてかわいくて元気なので楽しく仕事も頑張ってくれそう」(大阪府/30代/女性)と職場を明るくしてくれそうだという見解が多数あった。

アンケートの結果、男女ともにガッツがあってストイックに仕事に取り組んでくれる後輩を待ち望んでいる声が多かった。さらに明るく健康的な後輩に、職場のイメージを盛り上げてくれることを期待する声も。

花見の時期が近づき、月末のプレミアム・フライデーなど同僚と飲み会に参加する機会も増えるこの季節に、今回のランキング結果を見て、職場で盛り上がるのも一興ではないだろうか。

理想の後輩ランキング男女別TOP10

【調査概要】

集計期間:2月24日(金)~3月2日(木)

調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代~50代の男女)

調査地域:全国

権利侵害申告はこちら