記事提供:日刊大衆

3月3日放送の『AKB48・Team8のブンブン!エイト大放送!』(日本テレビ系)に、AKB48チーム8の山田菜々美(18)が出演。

メンバーの谷川聖(16)に、胸パッドでバストサイズをごまかしていることを暴露され、オードリーの若林正恭(38)と春日俊彰(38)を驚かせる場面が見られた。

今回はチーム8の岡部麟(20)、吉川七瀬(18)、横道侑里(16)がミュージカル『アニー』のオーディションのコントを披露し、メンバーとファンがペアになって推しメンの魅力を当てるクイズなど、さまざまな企画が放送された。

そして、チーム8のことをよく知らないオードリーが推しメンを決める、“私を推してくださ~い”のコーナーでは、メンバーがざんげしたいことを発表することになった。

まずは谷川が山田に「胸の話で引き合いに出してゴメンナサイ」とざんげし、谷川は「“お前は胸がない”ってバカにされるんです。私はすごく悔しくて、山田よりは大きいぞ」と、もっとバストサイズが小さい山田を引き合いに出して、言い返すと明かした。

谷川は続けて、「でも、山田なりに頑張っているんです。重ねるんです、2枚」と、山田が胸パッドを2枚重ねてバストサイズをごまかしていることを暴露してしまい、画面にはア然とした山田のアップの表情が映し出された。

春日に「言われてるぞ、おい」と気合を入れられると、山田は「これ、言いますね。チーム8の全国ツアーのときなんですけど、この人(谷川)2枚使ってました」と、谷川に反撃。

若林は「2対2で同点ね」と仲裁しようとしたが、谷川が「前、3枚(山田は使っていた)」とさらにやり返すと、山田は「なんでやっ!」と頭をかかえてしまう。

二人の言い合いを聞いていた若林は「パッド3枚って、踊ってたら落ちちゃうでしょ。ライブ中に投げればいいじゃん、ピューって」とあきれながら、なんとかアドバイスをしていた。

さらに、番組の最後、チーム8が懐かしの昭和アイドルソングに挑戦するコーナーで、山田が中森明菜(51)の名曲『DESIRE』を披露。

しかし、先ほどまで胸パッドを入れているとイジられていたため、岡部から「せっかくかっこよくキマってたのに、全部パッドの話で…(胸ばかり見てしまった)」と、苦情を受けてしまった。

山田は、さらに若林から「パッドキャラになっちゃった」と冷やかされたのだが、「ぜひ、握手会で(パッドネタで)イジッてください」と、前向きにコメントしていた。

「思春期の女の子たちですから、お互いのバストサイズは気になるんでしょうね。メンバーたちが着替えている控室では、厳しいチェック合戦が繰り広げられているかもしれません」(アイドルライター)

――サイズに関係なくファンは応援してます!

権利侵害申告はこちら