3月6日、ピコ太郎さんが初の日本武道館ライブ『ピコ太郎 PPAPPT in 日本武道館』を行いました。ピコ太郎さんをプロデュースする古坂大魔王さんと親交の深いくりぃむしちゅー爆笑問題、など多くの芸人たちに加え、東京スカパラダイスオーケストラ倖田來未さん、演歌界からはなんと五木ひろしさんも登場。

13組46人の豪華ゲストに囲まれ、「PPAP」11バージョンを含む24曲を披露。ライブは大いに盛り上がりました。

打ち上げ写真が「懐かしい!」と話題に

この日のライブ後、アンジャッシュの児嶋一哉さんがInstagramに投稿したこの1枚の写真が「懐かしい!」と話題になっています。

写真に一緒に写っているのは、爆笑問題の2人、くりぃむしちゅーの上田さん、X-GUNの西尾さん、そして古坂大魔王さん。X-GUNの西尾季隆さんも、Twitterに同じ写真を投稿。

『これは20年前ならボキャブラの楽屋であり ラママ新人コント大会の打ち上げ。』

2人が投稿したこの写真がどうして懐かしいかといえば、あの伝説の番組のメンバーだからなんです。これには、ボキャブラ世代が多いに反応。

うわー、ボキャブラ思い出す」

「ボキャブラ世代にはすごいメンバー!」


「神メンだ!」

「ボキャブラ復活してほしい」

ボキャブラこと「タモリのボキャブラ天国」

おそらく、アラサー世代以上なら、懐かしさに悶えてしまうのではないかと思われるあの伝説の番組「ボキャ天」

1992~1999年までレギュラー枠で、その後も特番として2008年までフジテレビ系で放送されていたお笑い番組です。ボキャブラリー(語彙)をもじってたネタを見せるという独自のスタイルで、ここから一気に人気に火がついた芸人さんも数多くいましたよね。

そして、この日の写真に写っていたのが、このメンバー!

不発の核弾頭「爆笑問題」

Licensed by gettyimages ®

邪悪なお兄さん「海砂利水魚」

出典 http://naturaleight.co.jp

現在は「くりぃむしちゅー」として活動中のお二人ですが、当時の芸名は「海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)」

冷血サイボーグ「アンジャッシュ」

出典 http://www.p-jinriki.com

アジアの超特急「X-GUN」

出典 http://com.horipro.co.jp

きりもみ空中3回転「底抜けAIRLINE」

出典 http://ameblo.jp

そして小坂さんがメンバーだった底抜けAIRLINE!ちなみにキャッチフレーズは、村島さんが脱退した後「2回転」に変更されていました。

更に、ピコ太郎さんのTwitterにもボキャブラメンバーが。

回転禁止の青春「U-turn」

出典 http://www.ohtapro.co.jp

U-turnは解散してしまいましたが、今でも活躍中の土田晃之さん。

とにかく懐かしすぎる!!!

他にも「ボキャ天」からは『食い倒れパンクス・ロンドンブーツ1号・2号』『電光石火の三重殺・ネプチューン』『一触即発BOYS・アンタッチャブル」『爆裂ボディ・ソニック・TIM』「魅惑のサラブレッド・Take2』など、今まさに大活躍しているお笑い芸人さんが数多く誕生しています。

こうやって改めて振り返ってみると、なんとも贅沢なメンバーが出演していた番組ですよね。当時は若手として出演していたメンバーの皆さんが、当時のメンバーである小坂さんプロデュースのピコ太郎さんのライブがきっかけで、再び揃う姿を見られるとは!

「ボキャ天」復活を願う声も多く聞かれます。このメンバーで特番をやったら絶対に見る!という人は、絶対に日本中にたくさんいるはず。ぜひ、いつか実現して欲しいですね。

こちらの記事もおすすめです

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら