記事提供:Conobie

親のありがたさや偉大さなど育児を通し、人として学ぶことは多いです。そしてこれもそんな学んだことの一つです。育児中は忙しく、自分のカラダとじっくり向き合うことができません。なのでこういったカタチで自分の身体の衰えを知るのでした。

娘が喜ぶのでついダイナミックに抱っこしたり、一緒にジャンプしたり遊んでみるも…。

学生時代にスポーツをしていたのでわりと身軽に動ける方で、ついその感覚で動いてしまうのですが、自分が思っている以上にカラダは衰えているもんなんですね。

たかがジャンプで首を痛めるとは思ってなかったので、あまりの自分の衰えぶりが正直ショックでした。

気持ちにカラダがついていかない。ってこういうことなんですね…。

育児を通し学んだ大切なことの一つです。

権利侵害申告はこちら