記事提供:サイゾーウーマン

国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

本当にいいニュースのない昨今ですが、のりピーこと酒井法子さんの元夫の高相祐一被告が、危険ドラッグを所持・使用していたとして、懲役1年の実刑判決(求刑懲役1年6カ月)を言い渡されました。

たとえどんなに立派な業績があっても、「違法薬物をやっている」となったら、社会的信用は一気に失うのに、なんで手を出すんでしょうね。

でも、そういう人は芸能界だけではなくて、残念ながら議員にもいます。

■与党の某2世議員の「覚せい剤使用疑惑」

最近では昨年、トップ当選していた神奈川県葉山町議会の細川慎一議員が覚せい剤の使用で逮捕されて有罪判決を受けていますし、2005年にはコバケンこと小林憲司衆議院議員が、やはり覚せい剤の使用で秘書らとともに有罪判決を受け、民主党を除籍されています。

実は神澤もけっこうツラい日々なんですが、どんなにツラくても、違法薬物には手を出そうとは思いません。

そして、また今、与党の某2世議員の「覚せい剤使用疑惑」による逮捕が間近だというウワサでもちきりです。事情に詳しい医師でもある国会議員の話では、その議員の覚せい剤の入手ルートは2つあり、そのうちの1つはもう解明されているとか。

そもそもは、この議員の「ある会合」での「大失態」が疑惑の発端のとのことでしたが、まだ逮捕されたわけではないので、伏せておきますね。

■政権に与える打撃は相当なもの

すでに一部のマスメディアもこの情報を追っているようですが、現職の国会議員には、憲法50条に定める「不逮捕特権」というものがあります。会期中に議員を逮捕するには、国会法33条により所属議院の許諾が必要とされます。

もちろん現行犯逮捕は例外ですので、実際に覚せい剤を購入・使用している現場を押さえられた場合などは逮捕されます。

会期中に「疑惑」が生じた場合は在宅で事情聴取を行うのが通例ですが、鈴木宗男衆議院議員が、北海道の地元業者からワイロを受け取った容疑で逮捕・起訴された汚職事件、いわゆる「ムネオ疑惑」の持ち上がった2002年には、実際に鈴木議員に許諾請求が行われ、可決後に同議員は逮捕されました。

ちなみに05年には自民党の中西一善衆議院議員が女性に抱きついて強制わいせつの疑いで現行犯逮捕されましたが、示談が成立したため、起訴はされませんでした。

今疑惑の目が向けられている2世議員は、身の危険を察知しているようで、少なくとも会期中にまた覚せい剤を使用することはないだろうというのが、大方の予想です。

なので、神澤も、逮捕まではないんじゃないかと思っています。でも、証拠写真などを週刊誌が入手している場合は、「疑惑」として大々的に報道されるでしょうね。

なにしろ与党議員のスキャンダルですから、安倍政権に与える打撃は相当なものだと想像できます。

すでに大阪では夜の街を中心にかなり有名な話だそうで、どうなるか気になりますね。安倍晋三首相の森友学園問題などもありますから、もしかすると引責で衆議院解散もあるかもしれません。

選挙になったら、もちろん、しわ寄せは私たち秘書に来ます。また激務モードになるので、今のうちに睡眠時間を確保しておこうか、と秘書仲間と話しています。

権利侵害申告はこちら