菊と並んで日本を代表する花、桜。桜といえばソメイヨシノがまず思い浮かびますが、その生態には驚きの事実があることをご存知でしょうか。

そんな「ソメイヨシノの秘密」が無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』で詳しく紹介しています。桜を見る目が少し変わるかもしれませんよ。

ソメイヨシノはみな同じ

【豆知識】知らなかったよ。沖縄でソメイヨシノが咲かないとは…」では桜(ソメイヨシノ)の開花予報について簡単にお話ししました。

今の私たちにとっては、桜=ソメイヨシノですが、一口に「桜」と言っても品種はたくさんあります。大阪人にとってはおなじみの「造幣局の通り抜け」では133品種もあり、そのうち8割が八重桜だそうです。

平安時代の『古今和歌集』をはじめ、古来、多くの文学作品の中に桜は登場しますが、実はそれらはソメイヨシノではありません

ソメイヨシノは、最近の研究で、江戸時代頃にとある植木職人がかけあわせて作ったものとわかってきています。当時の人にとってどんな桜に見えたのか、私たちには想像することしかできませんが、きっと斬新でとても美しく、魅了する姿だったのでしょう。

残念ながら自然に増えることができないので、接ぎ木挿し木などの繁殖で増やすしかありません。人気が高まったソメイヨシノはこうして全国に広まったわけですが、もとはといえば一つの掛け合わせの結果からのスタートです。

ですから、全国にあるソメイヨシノはみんな言うなれば「クローン」なのです。性質がみな同じという特徴があるので、「開花予報」ということもある程度可能になるのです。ほぼみな同じ条件で開花するはずだから…と考えられるからです。

クローンだからこその「弱み」とは?

また、クローンだからこそ病気にも弱い、特に伝染病に弱いと考えられています。

もし1本の桜が伝染病にかかった場合、他の個体も全部同じ病気になることが予想されます。どれも抗体を持たないからです。ですから、桜の手入れというのは慎重なものが求められます。

昔から「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」という言い回しがありますが、桜の枝をむやみに切るのは弱るもとだから…ということがあります。専門家がちゃんと手当をしているものはもちろん大丈夫ですが、なかなかナイーブなものなのです。

公園や通りなどで桜があちこちにあると思いますが、きちんと手入れをしてくださっている方がいればこそ、私たちも桜を楽しめるわけです。桜が咲いたのを楽しむ時には、そういったことにも感謝の気持ちを持って楽しみたいものですね。

権利侵害申告はこちら