記事提供:messy

叶姉妹公式Instagramより。

ファビュラスな投稿が話題のセレブユニット・叶姉妹のInstagram。

これまでは、美香さん(年齢非公開)のニトロプラス社のライブマスコット・すーぱーそに子のコスプレ姿や、恭子さん(年齢非公開)のトップレスでTバックのみをまとってうつ伏せ姿など、2人のセクシーさが注目されてきたが、今度はまた別の衝撃が走った。

叶姉妹公式Instagramより。

その投稿は、2月27日の泡風呂に浸かっている美香さんが手に泡を取って「ふぅ~」と息を吹いて遊んでいる動画。

「たわわな 天使のバスタイムはとっても甘くヘブンリー」というコメントとともに、「お友達からの恋人募集中しようと思っておりますよ。18歳から…」という驚きの言葉が添えられている。

もしこれが「Instagramにて恋人を募集する」という意味だとしたら、何とも夢のある話だ。

同じくInstagramにて「#そんなことよりセックスしたい#セックスしてやってもいいよ~って人はDMください#今日も下半身の煙突町がプペる」なんて言葉でセフレを募集した、お笑いコンビ・キングコングの西野とは違い、同投稿のコメント欄には「お友達…とても素敵な響きです!大好きな美香さんと恭子さんとお話ししたいです」「是非お友達になりたいです!お二人が神的な存在なのでお友達って表現で良いのか…下僕で構いません!笑。もしなれたら幸せだぁ~!」と男女問わず立候補者が後を経たない。

さすがの人気である。

森下悠里公式Instagramより。

Instagram過激投稿と言えば、グラビアアイドル・森下悠里(32)も忘れてはいけない。

叶姉妹に負けず劣らず、スパのベッドに紙パンツ一枚でうつ伏せになっていたり、スパの鏡の前に手ブラで立っていたり、ホテルのような部屋でブラを脱ぎかけている姿など、2014年1月にアカウントを開設して以来、定期的に刺激的な写真を投稿し続けてファンを喜ばせている。

GENKING公式Instagramより。

一方Instagramでの肌の露出画像が、ファンとのトラブルに繋がることもある。例えば、先日性同一性障害を公表し、Instagramに診断書画像を公開したGENKING(年齢非公開)。

ハワイ旅行中に水着姿の写真を投稿したところ、コメント欄に「おっぱいあるの?変な意味じゃないので誤解しないでね」「お胸綺麗!」と胸に関する指摘が相次いだ。

すると後日、別の水着を着用した写真を投稿し、体重の増量と、ホルモン注射によって胸が膨らんだことを説明。

合わせて「今まで我慢ばっかしてきたんだから、もー生きたいように生きさせて」「胸が大きくなってきたなら、その過程を報告してくださいとか、意味わかんない(笑)」「例えば太った人に何で太ったのって聞く人いんのかな?デリカシーなさ過ぎ(笑)」「#もうこゆ記事書きたくない#これでみんなスッキリした?(笑)」と記載した。

何でも、治療については事務所にも事後報告で少数の友人にしか伝えず、さらしブラを着用していた時期もあったそう。以前よりも大きくなった胸を露出した写真は投稿するが、触れてはいけなかったようだ。

桐谷美玲公式Instagramより。

女優・桐谷美玲(27)は、「ハワイだから出来るコーディネート」と、ショート丈のトップスにデニムを履いたへそ出し姿を投稿した際、「閲覧注意レベル」とまで言われてしまった。

というのも、「綺麗なくびれ!」「羨ましい!」とその華奢なウエストに憧れる声があがる一方で、「もっと食べて欲しいです」「ちょっとやばくね」「驚きの細さですけど、子供産めるのか心配になります」と、なぜか出産を危惧されるほどに“難あり体型”として祭り上げられている。

芸能人にとってInstagramは自己PRの場。春から夏に向けて肌の露出はさらに増えていくが、今後の活動にプラスとなるような投稿に期待したい。

権利侵害申告はこちら