出典Africa Studio/shutterstock.com

徐々に寒さも和らぎ、まもなく新学期シーズンを迎えます。心機一転、新たな暮らしをスタートさせるという方も多いのではないでしょうか。真っさらな新居を見ていると、壁に絵を飾ったり、デコレーションをしたり…想像するだけでワクワクしてくるものです。

ですが、一から部屋のデザインを理想形にしようとすると、大掛かりになってしまいますし、上手く行かないかもと思うと、なかなか踏み切れません。そんな時に、きっと役に立つ優れモノがあるんです。これから紹介する動画には、その製品の特長が描かれています。

出典 YouTube

部屋の壁に落書きする子ども…

動画は、家の壁に落書きをする子どもの映像からスタート。お子さんがいる家庭では見慣れた光景ですが、親御さんの立場からすると、消すのに一苦労してしまいますよね。

と、思いきや、ペリペリとはがしているではありませんか!

そうなんです。これが冒頭でお伝えした優れモノ『HARU stuck-on design;』。テープをはがしたあとにありがちな“糊残り“しにくいため、壁に貼ればキャンパスとしての役割を果たします。

何もなかった壁にも…

こちらでは、白い壁に『HARU stuck-on design;』をペタペタと貼っていきます。すると…

あっという間にお人形さんたちのおうちに変身!わざわざ専用のおもちゃを買いに行くことなく、省スペースで遊び場を作り出します。

ほかにも家までの道のりが楽しくなるような使い方や…

誕生日の飾り付けまでお手の物。アイデア次第で、自由自在に空間を作ることができる『HARU stuck-on design;』。クリエイティブユニット・SPREADと、多種多様な粘着技術を持つ日東電工株式会社(以下Nitto)グループのニトムズがコラボレーションしてこのテープブランドは生まれました。

「貼ると世界が変わる」テープ

出典Photo:Takumi Ota

この『HARU stuck-on design;』ですが、「色を貼る」という新たな発想を元にしており、ペインティングを施したように鮮やかな上の写真も『HARU stuck-on design;』によってデザインされました。

従来のペンキやスプレーの方法では、塗装するのも、またそれを元に戻すのも時間がかかっていました。その点、この『HARU stuck-on design;』は貼ってはがすだけ。また、異なる素材と豊富なカラーバリエーション、サイズ展開も多様で、この他にもあっと驚く作品が盛りだくさん。

出典Photo:Takumi Ota

まるでデザイナーズマンションのように斬新なデザインや…

出典Photo:Takumi Ota

お子さんがいたら喜ぶ動物のデザインまで!そのときの気分、シチュエーションに合わせて、「貼ると世界が変わる」テープがこの『HARU stuck-on design;』なのです。

春が来るまであともう少し、ときには自分のイメージで、ときにはお子さんの意見を取り入れて思い思いの空間を作ってみてはいかがでしょうか。

安全な空の旅を日本の技術が支える?

出典Jaromir Chalabala/shutterstock.com

『HARU stuck-on design;』で紹介したNittoの技術ですが、航空機という大きなところでも活躍しています。一度に何百人を乗せて上空10,000メートルを飛行し、最大80度もの温度差にさらされるため、客室を快適な温度に保つには、機体の床に特殊な断熱材を用いなければなりませんでした。

しかしその影響で、床を支えるための補強フレーム周辺には結露が発生しやすく、サビを誘発する原因となっていました。いかなる小さな不具合も許されない航空機にとって、サビ一つでさえも、安全を脅かす大きな敵。

飛行機をサビから守ったのは…テープ!?

そのサビから救ったのが、Nittoが生み出した防錆テープ『AEROSEAL®』。素材にはシリコーンゴムやポリエーテル粘着剤、PTFEなどを使用しており、強い粘着力を発揮。しかもスムーズにはがすことができるため(『HARU stuck-on design;』を想起させます…!)、メンテナンス時間の短縮にもつながり、メンテナンスコストを大きく改善させることが可能になりました。

いまでは北米の厳しい安全基準をクリアし、一部の航空会社で正式に採用されるまでに。

今日も『AEROSEAL®』が誰かの人の命を守っている

出典Iryna Rasko/shutterstock.com

今日も機内の誰もが気がつかない所で、空の安全を支えている…なんだかワクワクさせるストーリーですね。この記事で紹介した『HARU stuck-on design;』『AEROSEAL®』以外にも、Nittoはスポーツ選手が用いるテーピング、医療用テープなど幅広い製品を展開。

そんな製品のコンテンツは『Nitto Innovation Lab.』にも掲載されています。日本が世界に誇る技術をぜひご覧ください。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら