子育てにおいて、子どもを褒めることに対しての意見は分かれるところだと思います。「思う存分褒める」という親御さんもいれば、「褒めすぎは良くない」と考えるご家庭もあるかと思います。

もちろんどちらかが正しいというわけではりませんが、「褒めすぎは良くない」という意見は耳にするケースは多いのではないでしょうか。

そんな“子どもを褒める”ということに関して、3歳のお子さんを育てられているTwitterユーザーの「サガミ」さん(@gami_k_)が、あるツイートをされて注目を集めています。

「サガミ」さんは、「子どもを褒めすぎるとよくない」という意見に対して、このような持論を展開されています。

子どもを褒めすぎるとよくない的な事言ってる人もいるけどさ、やっぱり褒められたら嬉しいし自己肯定感育つし何より褒められて育った子は人を自然に褒めるようになるよ。

出典 https://twitter.com

たしかに、褒められることで自己肯定感が育つということはありますよね。そして、褒められると他人のことも自然と褒めるようになる、と。

実際に、「サガミ」さんの3歳になるお子さんも、褒めて育てられたことで…

「おかあさんのつくったりょうりはさいこうだね」

出典 https://twitter.com

こんな素敵なことを言ってくれたんだとか!

しかも…

キュウリ食べながら。

出典 https://twitter.com

キュウリか!!!(笑)

キュウリが料理かという点は置いておいて、たしかにこれは褒められることによって自分以外の人を褒めるようになるという良い例ですね。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらの素敵な持論は、2万を超えるRT(リツイート)やいいねがされるほど話題となり、見た人たちからは…

分かりすぎるます!
・かわいいw
・大人も子供も褒めてもらえると嬉しいよねえ!
・どんどん褒めよう!
やはり肯定されることは非常に重要
・最後のオチwwワロタwww
・吹いたwwww
キュウリもお母さんが作ったのかも知れない

などの声がたくさん寄せられています。

「サガミ」さん曰く、『別に何が何でも褒めろと言うわけでも無いし自分に余裕が無い時には無理に褒める必要もないと思います。ただ「我が子を褒める」事に躊躇してる方には褒めていいんだよーって伝えたい。ただそれだけです。』とのこと。

子育てに正解はないとはよく言いますが、それなら…せっかくなら積極的に褒めてあげても良いのかもしれませんね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら