企業が「ネット炎上」した場合に備えた保険を、損害保険ジャパン日本興亜が3月6日から販売することが分かり、ネットを中心に話題となっています。

Licensed by gettyimages ®

この保険は、リスク検知ソリューションを手がける「エルテス」を主体として、「SOMPOリスケアマネジメント」のマスコミ対応支援サービスと「損保ジャパン日本興亜」の損害保険を組み合わせた商品。

■通常時と炎上時のサポート体制は?

Licensed by gettyimages ®

通常時は「エルテス」が提供する24時間365日体制のネット監視サービスを活用して、Twitterなどのソーシャルメディア上の投稿を監視。ネット炎上を未然に防ぎます。

万が一炎上が発生した場合には、エルテス側が緊急対応として炎上レポートなどの一次対応をサポート。さらに一週間経過しても沈静化されない場合は、緊急時情報発信コンサルティングなどの「ネット炎上対応サービス」を使い沈静化を図ります。

合わせてSOMPOリスケアのサービスである「緊急時マスコミ対応支援サービス」も利用可能。緊急記者会見支援などを行えます。

出典 http://japanese.engadget.com

保険でカバーされるのは、ネット炎上が起きたあと、炎上の拡散防止と原因究明のためにコンサルティング会社に対策を依頼するための費用で、その中にはメディア対応にかかる費用も含みます。

■想定されるケースは?

Licensed by gettyimages ®

想定されている炎上のケースとして考えられるのは、従業員の行為がネット上で問題にされるケース。

・企業の従業員がツイッターで投稿した写真に、個人情報が写り込んでいた
・不動産仲介業者の従業員が「有名人が来た」などと来店者の情報をツイッター上にあげた
・飲食店店員の不衛生な行為が、ネットで騒動になった
・従業員の不注意な投稿で、内部情報が漏えいした
・従業員のプライベートな投稿でも、企業と紐付いたかたちで批判が集まった

出典 https://www.buzzfeed.com

この他に、商品への異物混入がツイッター上で公開されて企業の対応に批判が集中したり、サービス内容や価格に不満を持ったユーザーがブログなどで取り上げてネット上で拡散されたなど、会社が提供するサービスに対するクレームも想定。

昨年批判を浴びて閉鎖したDeNAの医療情報サイトのような「キュレーションサイト」も対象で、掲載した記事が炎上して批判が殺到した場合なども対象なのだそう。

■保険金が支払われないケース

Licensed by gettyimages ®

意図的に世間に注目させる目的で炎上を引き起こす「炎上マーケティング」の場合には、保険金は支払われないとのこと。線引きが難しそうです。

■保険の支払い限度額は?

Licensed by gettyimages ®

保険の支払い限度額は1000万円で、保険料は月額50~60万円。かかった費用の9割を、損保ジャパン日本興亜の損害保険で補償するという内容です。

企業が炎上した場合は収束まで3カ月程度かかることが多く、第三者に対処を頼んだ場合の費用は、1カ月あたり300万円程度かかるのが一般的だそうですが、これはお得!?

■ネットの反応は?「ネットの声が無視されそう」

ネット炎上被害に対する保険を販売というニュースを見た。すごい時代だ。ちょっと虚構新聞っぽい見出しなのも面白かった。でもこれ絶対保険金詐欺狙うヤツいると思う。対策するとは思いますけど。

出典 https://twitter.com

保険金詐欺を狙う企業が出てくる不安。

これで炎上が恐くなくなったあらゆる企業は、やりたい放題。ネットの声が無視されるようになるのも時間の問題かも。

出典 https://twitter.com

ネットの声が無視されるようになる不安。「周りから注目されながら金が貰える」と考えて図に乗る奴が現れそうという意見も。

Licensed by gettyimages ®

ネット炎上の件数が増加し続けている時代、企業にとって炎上対策は大きな課題です。今後この保険は広がっていくのでしょうか。今後の展開を見守りたいところです。

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら