7回目の結婚記念日を迎えた市川海老蔵&小林麻央夫妻

3月3日のひな祭りに7回目の結婚記念日を迎え、結婚8年目に突入した市川海老蔵さんと小林麻央さん夫妻。

出典 http://ameblo.jp

昨年6月に、麻央さんが乳がんを患っていることを公表してからというもの、治療だけでなく、押しかけるマスコミへの対応などにも追われるという、まさに激動の日々を過ごすことになった2人。

しかし、先日には麻央さんの体調を気遣い新居に引っ越したことが報じられるなど、ようやくゆっくりとした時間を過ごすことができているようです。

溢れ出る「ありがとう」がいっぱいな記念日

実は、今日は海老蔵さんが新しい舞台の初日を迎える日だったこともあり、ゆっくりと2人で記念日を過ごすというわけにはいかなかったようですが、朝からお互いに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えあい、ハグを交わしたのだそうです。

今起きて
入籍記念日だよぉと
ありがとう。
と互いに伝え、ハグ

本当にありがとう。と思います。

1月末に麻央さんが無事に退院できたこともあり、海老蔵さんは我が家でゆっくりと迎えられた記念日をとても喜んでいる様子です。

今日は
ひなまつりですね。
実は
7年目の結婚記念日でもあります。
頼れる主人に 感謝。
元気な子供達に 感謝。

麻央さんも、いつも支えてくれている海老蔵さんや子供達に感謝しながらいちごのケーキ作りをするなど、元気に1日をスタートさせたそうです。

「夏までもたないかと…」余命宣告を乗り越えて

すでに、がんが骨や肺にまで転移していることを明かしている麻央さん。1月9日に放送された特別番組「市川海老蔵に、ござりまする」(日本テレビ系)では、海老蔵さんが「(昨年の)夏までもたないと思っていた」と、医師から余命を宣告されていたことを告白し、それを過ぎた今は毎日が奇跡であるとも語っていました。

まさか、余命宣告から半年以上経った今日を自宅で迎えられるとは、当時は夢にも思っていなかったのではないでしょうか。

それだけに、お互いへの感謝や毎日積み重ねられている奇跡への感謝が溢れ出すこととなったようですね。

また、昨日には2人で今後の治療方針を話し合っていたことも告白。

今日は、朝食を食べながら、
主人と治療について話をしました。
治療の選択というのは
いくつも治療を重ねてきたあとは
どんどん難しくなると感じます。

スタンダードというもののカードが
少なくなっていくからです。

病気の進行に伴い、治療が難しくなっていくことを実感する日々だとは言いますが、治癒に向けた望みを持ち続けていることを明かしましていました。

奇跡を信じて…

医師や海老蔵さんが「もうダメだ…」と感じたという昨年の夏から、希望を捨てずに地道な治療に励み、最近ではこれまでにも増して顔色がよくなるなど、むしろ元気になっているかのようにも感じられる麻央さん。

これから、もっと大きな奇跡を起こしてくれることと信じています。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら