困っている人がいれば何処へでも飛んで行き、お腹を空かせて泣いている人には自分の顔を食べさせてあげる正義のヒーロー「アンパンマン」。子供から大人まで誰もが知っている国民的アニメと言っても過言ではないのですが…

そんなアンパンマンには欠かせない、焼きたてのパンを配達するための4輪車両「アンパンマン号」と…

モグラをモチーフにしたバイキンマンの愛車「もぐりん」のリアルバージョンが、ここ数日、相次いでTwitterに降臨!話題となっているので紹介したいと思います。

Twitterに寄せられる驚きの声。

なお、最初に投稿された画像がコチラでして…

「今日はY山で伝説が生まれる…」

というコメントと共にアップされた画像には、なんと、改造された車の横に並び、圧倒的な存在感を放つアンパンマン号の姿が!

峠を攻めまくるアンパンマン号。

その結果、とんでもない失態を犯してしまったアンパンマン号。ひょっとすると、警察を率いているのかもしれませんが(笑)、この画像は瞬く間に拡散!日本だけではなく、中国などでも話題となっていました。

周囲の視線を釘付けにするアンパンマン号&もぐりん。しかし、この車両にはとんでもない秘密が隠されていたんです!

アニメから飛び出したかのような驚きのリアリティ。

ツヤツヤのボディ。そして、翼を広げたカモメのような、特徴的なガルウイング(ドア)。タイヤやマフラーにもこだわり満載!これが街中を走っていたら、絶対3度見されるに違いありません(笑)

モグラをモチーフとした戦車型メカ「もぐりん」もこの通り!

突き出したドリルに、走り屋を彷彿とさせるリアウイング。乗り込むための手すりも完全装備!もはや美しいとさえ感じる究極のカスタムカーなのですが、実はこのアンパンマン号&もぐりん。

なんと!全てCGで描かれていたんです!

制作したのはTwitterユーザー“KILIN(@kilin_rc)”さん。なお、使用したソフトは、Autodesk社が提供しているクラウドベースの高機能3DCADソフト「fusion360」と、画像編集ソフトウェア「PhotoshopCC」だそうですが…

そのクオリティの高さはもはや神レベル!

ほとんどの方々が「改造費は幾らだったんですか?」「どこに行ったら見る事が出来ますか?」等、本物の車と勘違い。完全に騙されていました(笑)

「あったらいいな」をカタチに!

CGを駆使し

あったらいいな

をカタチにするKILINさん。ちなみにKILINさん。アンパンマン号&もぐりんをCG化した理由は、子供の頃「アンパンマン」が大好きだったからだそうです。

2台並んだコラボフォトも素敵!

CGとは思えない臨場感。アンパンマンが実写化されたら、きっとこんな感じに仕上がるのでしょうね。

注目度200%。これは本気で制作する人が現れるかもしれませんね。

よく見ると「高知ナンバー」。ジャムおじさんは高知在住!?

次回作も期待したい!

卓越した技術と圧倒的なセンスで、たくさんに人々の心を鷲掴みにしたKILINさん。なお、KILINさん。これまでにも「fusion360」や「PhotoshopCC」を使い、様々な作品を制作していますので、興味を持った方、魅了された方はKILINさんのTwitterをチェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事は権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら