悩める男子の恋物語が「泣ける!」と話題に

3月は別れのシーズン。各地で卒業式が行われ、学生たちは新天地へと旅立っていく季節ですね。そんな卒業シーズンに、ある男の子を主人公としたアニメーション動画が「泣ける!」と小さな話題となっています。

主人公はゲイの男の子。

主人公はゲイの男の子。彼の物語が、切ない歌にのせて展開されていきます。

ある朝、目覚めたら目の前には神様が。そして、神様は突然こんなことを言い出します。

クラスに君と同じゲイがいます

誰だか当てられたら
付き合えるよ

出典 https://www.youtube.com

まるで彼を応援するように告げる神様。

男の子には、クラス中の男子が怪しく見えてきます。

クラスメイトからの思わせぶりな褒め言葉や、唐突にくりだされるスキンシップは、男の子にとって誰もかれもが「そう」思えてきてしまうものでした。

クラスメイトから気軽にかけられる褒め言葉や態度。それらが男の子の心を振り回します。

そして再び現われた神様は、あるチャンスをくれます。

どの子かを決めたら この羽で
肌をひとなで してごらん
真実が現われるだろう

出典 https://www.youtube.com

黄色い羽を手に入れた男の子。もうすでにこれを使う相手は、心の中で決めていました。

男の子は、ある1人のクラスメイトを選びます。それは疑惑でもあり、彼自身の願望でもありました。

そして、ついに放課後。男の子は、黄色い羽を使うチャンスを得ます。何気ないふりをして羽で肌をひとなで!

しかし…、クラスメイトには何も起こらず、羽も神様も消えてしまいました。

そして、男の子は気づくのです。「誰か」ではだめだったこと、「彼」がよかったのだということに。

そして、そのことに気づいた男の子がとった行動とは…。切ないラストは、動画をみて確認してみてください。

こちらが、動画です。

出典 YouTube

「切なすぎる!」当事者以外の心にも響く

この動画は、多くの人たちに拡散されており

・最初笑っちゃったのに、だんだん切な過ぎて…
・心震わされました。
・最後らへんやばい(泣)
何回見ても泣く。
・心が何だか優しくなれる気がします。

といった感想が寄せられています。コメントの内容をみていると、当事者からの反響はもちろん、そうではない人達からも支持されている動画です。

同性愛者の人も異性愛者の人も一緒になって「好きになってしまうってこうだよね」って言い合える事が何よりも素晴らしいことだと思います。

出典 https://www.youtube.com

というコメントにもあるように、主人公はゲイの男の子ですが、恋に悩む気持ちや葛藤は誰しもが共感できるものなのではないでしょうか。

もともとは10代のLGBT向けにつくられた動画

こちらの動画は、もともと10代のLBGTに向けて作られたものです。作成したのは、LBGT向けの情報を発信している団体「やる気あり美」です。

団体のメンバーであり、NHKでアニメーション番組「びじゅチューン!」を手掛けているアーティスト・井上涼さんが、こちらの動画のアニメーションや楽曲を作成しています。

サイトには「思わせぶりなひとこと劇場」も。

出典 http://yaruki-arimi.com

動画の中にも登場するクラスメイト達の思わせぶりな言葉や行動は、メンバーや周囲の人たちから集められた「あるあるネタ」が元になっているそうです。「やる気あり美」のサイトではGIFアニメとして、いろいろな「ひとこと」が登場しています。

これらの「思わせぶりなひとこと」はゲイの人にとっての「あるある」だそうですが、そうではない人だって好きな人からこんなことを言われたらドキドキしちゃいますよね!

好きになる気持ちは、誰だって同じ。

あなたはこの動画をみて、何を感じますか?かつての自分の苦しかった恋を、思い出す人もいるかもしれません。

好きだけど言い出せない気持ち、その人じゃなきゃ意味がないという気持ち、それらはどんな人にだって共通するものなのではないでしょうか。だからこそ、このゲイの男の子の恋物語に、多くの人が共感しているのだと思います。

※こちらの記事で掲載している動画については、ウェブサイト「やる気あり美」様の許可をいただいて掲載しております。ご協力ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

へっぽこライターですが、文化的雪かきを目指して精進しています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 音楽
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら