記事提供:Techinsight

斉藤由貴の名曲『卒業』は「卒業式で泣かない女の子」を歌っており、大好きな卒業ソングだというマツコ・デラックスは「周りで卒業だとぎゃーぎゃー騒ぐ同級生を小バカにした歌。すごい歌詞よね」と表現している。

そんな心情に共感する人もいれば、やはり卒業ソングを歌いながら涙した人も少なくない。なかには全員が泣きだして練習したのに誰も歌うことができなかったという思い出もあるようだ。

2月27日に放送されたお昼のバラエティ『バイキング』(フジテレビ系)で番組が調べた“街の人が選ぶ思い出の卒業ソング トップ7”を公表した。その結果と街の人々の思い出(一部紹介)は次のようなものだった。

■街の人が選ぶ思い出の卒業ソング トップ7

7位『手紙~拝啓 十五の君へ~』(アンジェラ・アキ)

「15歳の時にアンジェラ・アキがこの曲を作った時期で 今聴くと心にしみてきますね」(23歳・男性)

「卒業式で先生が歌ってくれた 泣かないって決めてたけど、めちゃ感動した」(23歳・男性)

6位『YELL』(いきものがかり)

「担任の先生にサプライズで 皆で歌って発表しました」(21歳・女性)

「受験で忙しいのに放課後に残って皆集まって練習した これで絆がさらに深まったと思う」(23歳・男性)

5位『仰げば尊し』(合唱)

「高校の同級生です、一緒に歌いました 泣きましたよ~お別れする友達がいっぱいいたから」(50代・女性2人)

「人生を振り返る年になって 改めて歌詞に込められた思いにグッとくる」(59歳・男性)

4位『贈る言葉』(海援隊)

「時代がジャストなのであの頃を思い出す」(50代・男性)

「ちょうど金八先生の第1世代なのでこの曲を聴くと青春がよみがえる」(55歳・男性)

3位『3月9日』(レミオロメン)

「卒業式が3月8日だったので1日ずらせないかと先生ともめたが、結局本番は皆泣いて誰も歌えなかった。伴奏の人も泣いちゃって曲が止まって、最後はCDを流した」(19歳・男性)

「小学校の先生が休み時間にギターで弾いてくれた そんな先生が大好きでした」(20歳・女性)

2位『卒業写真』(荒井由実)

「この曲を聴くと卒業アルバムを見たくなる」(40歳・女性)

「歌詞に共感できる 口ずさむと歌詞と自分が重なって涙が出てくる」(38歳・女性)

1位『旅立ちの日に』(合唱)

「同窓会で集まると誰ともなくコーラスが始まる これからもずっと歌っていくんだと思う」(32歳・男性)

「卒業式で合唱していると涙で歌えなくなった そしたら隣にいた親友が手を握ってくれた」(26歳・女性)

1位に選ばれた『旅立ちの日に』と言えば、お笑い芸人・横澤夏子が“音楽の先生”のものまねをする際に歌うように近年の卒業式では定番となった。AKB48の小嶋陽菜も学生時代に歌い、指揮をしたこともあるという。

権利侵害申告はこちら