記事提供:日刊SPA!

「わたしが社長です!!」でお馴染みのアパホテル社長・元谷芙美子。まさに会社の顔として舵取りをし、全国に420軒、6万9153室、会員1252万9533名を誇る日本屈指のホテルへと成長させた。

そんななか、「客室に南京大虐殺を否定する本が置かれているホテル」として中国人や韓国人から反発を買い、大きな話題になっている。しかし、そんな騒動はものともせず、独り勝ち状態が続くアパホテル。

その成功の秘訣とホテル経営の信念をうかがうべく、渦中の女社長を直撃した!

元谷:『週刊SPA!』さん、お待ちしてましたよ。地下鉄に乗るときは、いつも見出しが気になってつい駅で買っちゃいます。

――ありがとうございます。社長も地下鉄に乗られるんですね。

元谷:今は東京中にホテルがありますから。地下鉄移動もしますよ。

――ここ数年、都内でアパホテルを目にする機会が急増していますね。

元谷:東京事務所自体は'70年代にはありましたし、'97年には「アパホテル〈東京板橋駅前〉」でホテルでも東京進出は果たしていたんですが、東京の中心部にホテルがなかったんです。

でも、'10年から東京の皇居を取りまく中央区・千代田区・港区を中心にホテル展開をする「頂上戦略」を始動して、それが非常にうまくいきまして。今では都内だけで、客室数が1万室を超えました。

――都内への展開を強化する契機は何だったのでしょうか?

元谷:最初のきっかけは、'07年の耐震強度不足報道だったんです。

――京都にある2軒のアパホテルで、耐震強度不足問題が発生した…というニュースですか。

元谷:その際に世間が一時大騒ぎになって、銀行さんも不安がって「アパさんに貸しているお金を返してくれ」と言われ、建設中のマンションの運転資金まで返済させられました。

その後、マンションが売れて売り上げが入ってきたことと、ホテル用に買ってあった土地を売却して、返済を迫られた借金を現金で返しました。

――よく現金がつくれましたね。

元谷:当時はファンドバブルで地価が上がっていたので、高く売れたのです。でも、借金を返したら、今度は稼いだお金がどんどん貯まりますよね。

「このお金をどうしようか」と思っていたら、'08年にリーマンショックが起きて土地の値段が大きく下がって。そこで、皇居周りの土地を60か所買うことができたんです。

――ということは、まさに偶然?

元谷:はい、まったくの偶然です。耐震強度不足報道がなければ銀行にお金を返してないし、もっと土地を買っていたかもしれません。そうすれば、リーマンショックの際に土地を買うこともなかったです。

――リーマンショックで「土地の値段がもっと下がるかも」という恐怖のなか、よく決断できましたね。

元谷:日本では市場価格との比較で土地の値段を見る方法が主流ですが、うちの代表はその土地からいくらの収益が上がるかを算出して土地の値段を判断する「収益還元法」で評価するんです。それが、アパホテルが成功した理由の一つだとも思います。

――結果、いい土地を押さえることができて、成功したと。

元谷:ホテルで大事なのは立地です。とにかく駅近であることが条件。だから、うちのホテルは平均すると駅から徒歩3分以内です。

――駅近にこだわる理由は?

元谷:うちは1200万人を超える会員がいらっしゃいますが、メインターゲットはエリートビジネスマンの方なんです。

エリートは出張が多いし、時間を大切にされるでしょう?だから、平日の滞在先にアパホテルを選んでくださるように、利便性のよい駅近を選んでいるんです。

――既存のホテルだと、週末利用の観光客をターゲットにするところが多いですが、なぜ平日利用のビジネスマンに狙いを絞られたのですか?

元谷:私も最初は「週末客を狙うべきではないか」と思ってたんですけど、うちの代表に「1週間は、休日より平日のほうが多い。パイの大きさが違うんだから、そちらを狙え」と言われて。本当に目から鱗でした。

※このインタビューは2/28発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです。

【元谷芙美子】

'47年生まれ。福井県福井市出身。アパグループ代表である元谷外志雄氏と結婚後、アパグループを立ち上げ、'94年にアパホテル取締役社長に就任。

華やかな帽子やスーツ姿で自らが広告塔となり、メディアに登場し「日本一有名な女社長」としても知られる。

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら