出典Elvetica/Shutterstock.com

春の訪れとともに新年度に向け、引っ越しをする方も多いこの季節。

賃貸契約の一般的な相場は、家賃の約4ヵ月分ほどといわれており、支出が多いときだからこそ、少しでも初期費用を抑えたいと考える方も多いのではないでしょうか。

初期費用を抑えるためには

出典small shrimp/Shutterstock.com

賃貸物件を契約する際の初期費用には、「家賃」、「敷金」、「礼金」、「仲介手数料」、「火災保険・共済」などさまざまな項目があります。初期費用を抑えるため、一般的にいわれているのは…

①敷金0、礼金0の物件を選ぶ
礼金とは、契約時に大家さんに対する「お礼」として支払うもので、返ってこないお金となります。しかし、この礼金が最も交渉しやすい初期費用といわれています。というのも、大家さんにとって、一番困るのは入居者が見つからず空室となってしまうこと。それなら、礼金を0円にしてでも入居者が早く見つかる方がいいと考える大家さんも多いのだそう。

②家賃交渉
家賃を値下げしてもらうことで、敷金、礼金、仲介手数料も安くなるため、初期費用を抑えるためには大きなポイントですが、嫌がる大家さんも多いため、リスクがあります。

③フリーレント物件を探す
最近増えている「フリーレント物件」。文字通り家賃が入居後の1ヵ月から3ヵ月程度タダになるという意味で、初期費用を抑えるには嬉しいシステムです。しかし、フリーレント物件は「最低居住期間」が定められていることが多く、途中で解約した場合には違約金が発生するので、注意が必要です。

家賃だけじゃない!節約ポイントをご存じですか?

出典hvostik/Shutterstock.com

初期費用を抑えるため、フリーレント物件を探したり、家賃交渉を行うのも手ですが、実際にはなかなか難しいもの。それよりも、もっと気軽に誰でもできる節約術があるんです。

それは、節約のカギを握る火災保険・共済を見直すこと。

火災や自然災害のトラブル時に助けてくれる大切な保険ですが、実は不動産会社に言われるがまま、内容もほとんど確認せずに加入しているケースがほとんど。

出典4zevar/Shutterstock.com

あまり知られていないのですが、火災保険・共済は不動産会社が提案するものに加入する義務はないのです。

不動産会社に勧められた火災保険が必要以上に保障額が大きく、その分保険料が高くなってしまっている…なんてことも。

火災保険・共済は、自分に合うものを選ぶことができる

「保険はどこも同じ」と思われているかもしれませんが、保障内容や保険料はそれぞれ違います。金額は数千円~1万円も変わってきます。

賃貸物件に住む場合、火事などの損害により大家さんから損害賠償請求された時に対応するための「借家人賠償責任保障」は加入する必要はありますが、自然災害への備えや家電・衣類などの家財はリスクを確認しながら、本当に自分に必要なものを選ぶことができるんです。

出典Millena/Shutterstock.com

おまけに賃貸マンションの構造や部屋の広さ、家財の量などによって必要な保障はさまざま。全労済の住まいる共済なら、住まいに合わせた保障が選べるので、掛金もぐっと手頃に抑えることができるかもしれません。

賃貸マンションのためのシンプルな火災保障が用意されており、無駄なく必要な保障を選択することができるので、「自分で内容を選ぶのが難しい」という方にも安心です。

出典Sira Anamwong/Shutterstock.com

家賃や敷金、礼金ばかりに目がいき、見逃しがちな火災保険・共済。自分に合うものを選択することで、初期費用を抑えるだけでなく、年間を通して節約することができます。

すでに火災保険・共済に加入しているという方も、この機会にぜひ見直してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら