記事提供:女子SPA!

<ミフルのGATC(Gocon And The City)vol.59>

アナタは気になる彼にどんなアプローチをしていますか?

合コン等の出会いの場で、しゃべり過ぎて、前に出過ぎてしまって逆に引かれてしまった…なんて悲しい結果になっていませんか?

合コン2,500回参加で恋活・婚活の電子書籍『GoconAndTheCity(合コン・アンド・ザ・シティ)』を刊行した筆者ですが、男の恋愛アドバイザーのアモーレ石上氏のセミナーにゲスト出演した際に、恋愛に悩む男たちの生の声をリサーチ!

出会いの場やデートで“男が思わず惚れちゃう女の気遣い”を紹介します。

◆自分だけに対して特別扱い

「あまりお酒が強くないんだけど、合コンの罰ゲームで一気飲みをしないといけなくなっちゃた時に、隣に座っていた女子(その子は結構飲める子だった模様)が“イッキはきついから私が少し飲んであげるね!”って言って半分くらい飲んでくれた時に“惚れてまうやろ~!”ってなった」(34歳/製薬会社)

女性が男性の代わりに飲むのはあまりないコトかもしれませんが、確かに逆のコトをされたら嬉しいですね。

「うん。他のヤツが飲む時はそんなコトしてなかったから、俺だけに特別に気を遣ってくれたっていうのがたまらない。まぁ“お酒強くない”って話したからかもしれないけど、話したコトを覚えていてくれるのも好印象です」

その後、酒豪の彼女には飲めない自分じゃ釣り合わないと思って積極的に誘えてないようですが、身代わりで飲むなんてなかなかないですよね!?

直ちに“誘うべし!”と背中を叩いた筆者でした。

◆女性らしい気遣い

「同僚の女子に貸していたハンカチが返ってきて“アイロンがけしてキレイにたたんであって、しかも良い匂いがした時”は上がった!全然意識していない子だったけど、女の子らしいんだな~って思うと、なんか気になるようになって好きになってしまった」(36歳/テレビ局員)

た…単純過ぎませんかっ!?

「いや、まぁそれだけじゃなくて、その後彼女を目で追うようになっちゃったんだけど、美味しそうな手作り弁当を持ってきてたり、使っているマグカップが可愛かったり、なんか女の子っぽいところに惚れてしまいましたね」

なるほど、やはりないモノねだりと言いますが、女性らしい女性に弱い男性は多いんですね。

◆さりげない気遣い

「あってもなくてもいいような、人があまりやらない気遣いができる女子は“おっ!(はぁと)”ってなります。例えば食事が終わった時にお手拭きを頼んでくれたり、クシャミした時にサッとティッシュを渡してくれたり、コートをかけてくれたり着せてくれたり」(38歳/自営業)

まるで世話焼きのお母さんみたいですが。

「うん。そうなんだけど、そういうさりげない気遣いって、よく見てないと絶対できないじゃん?空気を読めるというか。程度はあれど、マザコンじゃない男なんてそうそういないからね~。特にコートとかマフラーを着せてくれるのは距離も近くなってドキドキします」

飲み会とかで、皆の前でやるのは照れちゃいそうですね。

でもそういうのが自然にできる人って、モテるし安心感があるというのは分かる気がします。

自分だけ特別に感じる、女性らしい、むしろお母さんらしくてもOKと、甘えん坊な男性の本音がよく分かりました。

気になる男性には臆(おく)するコトなく、面倒をみると良さそうです。それが“チョッカイ”や“お節介”になると、お母さんではなく“オバハン”になってしまいますのでご注意を。

【取材協力】

アモーレ石上…カワイイ彼女を作りたい30代独身男性のプロ合コンコーチ。下剋上合コン術

女子SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら