記事提供:Conobie

我が子の前では、隠し事はできません…そんなところまで見る~!?

「小腹がすいた!オヤツが食べたい!でも、子どもと一緒に食べるには適さない時間だし…(食事前とか就寝前とか)」というとき、こっそり物陰に隠れて一口だけオヤツを食べることがあります。

子どもが遠くで一人で何かに夢中になっているときを見計らって、ささっと口に入れるのですが、なぜか気づかれる!!

オヤツの匂いや、ごみ箱に捨てられたオヤツのごみを見つけだすという、驚きの推理力と観察力によって、食べてることがバレてしまうのです。

ウチの子、(オヤツへの執着)スゴイぜ…!

隠れなきゃいけない時に私が食べなきゃいいだけなのですが、ついついスリルと食欲に負けてしまうのでした。

子どもにバレずに食べるオヤツの味は、格別…!?

権利侵害申告はこちら