記事提供:AbemaTIMES

AbemaTVの『勝手に出口調査』(12日放送)で、未成年との淫行疑惑が取り沙汰されたお笑い芸人・狩野英孝について、女子高生たちがどう思っているのか調査した。

昨年、狩野英孝の淫行疑惑相手として世間を賑わせたのは17歳、未成年の女子高生だった。彼女と同世代の女子高生たちは、一連の報道に対して、どんな感想を抱いたのか。原宿と、渋谷センター街で話を聞いた。

すると女子高生たちからは「女子高生側に問題がある」「狩野英孝がかわいそう」「騙されて当然」「騙してまで付き合うのは良くない」「女子高生が悪い」など、狩野を擁護する声が。

中には「JKだから許されているのに、偽ってまでするのは良くない」、「本当に好きだったら、高校生でもかまわないと思う」という意見も。

今回の調査で話を聞くことができた36人の中では、概ね女子高生に対する否定的な意見が多数を占める結果となった。

もう一つの質問である「年齢を偽ってでも、芸人と付き合いたいか?」という質問には、36人中全員が「NO」と回答。あくまで“JKブランド”を大切にし、JKでいられる時間の価値を認識しているようだった。

ただし、で「(芸人以外)憧れの芸能人ならOK!」と、やはり好きな芸能人には心が揺れてしまうようだった。

この結果を見ていた元セクシー女優・元大手新聞記者という異色の経歴を持つ作家の鈴木涼美は自身の女子高生時代(2000年前後)を振り返り、「JKビジネスが確立した時代。ブルセラでパンツを1年間で1枚1万円で200枚売った」というエピソードを披露していた。(AbemaTV/「勝手に出口調査」より)

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら