記事提供:messy

前回はコチラ⇒今日、痴漢現場に遭遇しました。私は被害者を助け、証言者になります

今まで、痴漢を目撃し証言者として名乗り出た経験が数回ありますが、「痴漢検挙しました」という話をすると、友人から「後日、その痴漢オヤジが逆恨みから何かしてくるかもしれなくない?怖くない?」と聞かれます。

確かに逆恨みされる懸念のある行動ですが、今のところ尾け回されたり刺されたりといった報復は受けていません(そもそも痴漢行為が犯罪なのですから、それを通報したからといって恨まれる筋合いなんてないはずです)。

実は現場で危害を加えられた経験が一度だけあり、そのことについて今回、詳細をお伝えしたいと思います。

4年前、痴漢被害にあっている女性を目撃した

季節は夏~秋だったでしょうか。いつもの路線でいつものように車内はつり革に空きはなく、真ん中の通り道に1~2列分立っている程度の状態(隣・後ろに立つ人と身体が触れるほどの混雑ではない)。

つり革に掴まる私の右隣に20歳の大学生と思しき女性(トップスは薄手の長袖ニット。ボトムスはチノパンというカジュアルな服装で決して露出が多いわけではありません)。その女性の後ろに痴漢オヤジ(40代・スーツ姿の会社員)という状況。

私自身、スマホ画面を熱心にスクロールしている最中だったのですが、隣から妙な空気感を察してふと右方向に目をやりました。

すると隣の女性は、携帯電話を片手で持っているものの、その目は画面を見ているわけでもなく、うつむき気味。

何気なく彼女のお尻の方に目を向けると、後ろに立つオヤジが、カバンで手元を隠しながら手の甲でゆっくり、女性のお尻をスリスリ(電車の揺れに合わせてる感じ)していました。

痴漢に遭遇すると、目撃者まで心臓バクバクするものですぐには動けません。まず自分の呼吸を整えながら、1~2駅くらい動向をみていました(都内の地下鉄・私鉄ではないので1駅の間隔が長い)。

この間、痴漢オヤジは「この女は、何も抵抗しない相手」とみなしたのか、触り方が大胆になり、付近にいる人間のほとんどが気付くレベルで尻を撫で回すようになりました。

ここで私は、被害者女性の右隣の男性と痴漢オヤジの右隣の男性も気付いているはずだと確信し、まずそちらに(あなたが捕まえてください)と念を送り、ガン見をしました。

が…私の視線に気づいて目が合ったにもかかわらず、彼らは目を逸らします。立ち位置を変える人もいました。

頼りになる人間がいないことがわかると、(私が助けるっきゃない!)と正義感がみなぎるわけですが、被害にあっている女性がそのことを訴えられる心境にあるか確認しなければいけません。

というのは、過去、同じように痴漢されてる女性に遭遇した際、「何やってんすか」と痴漢オヤジに言ったら「何もしてねーよ」と言われ、被害女性に「触られてたよね?」と聞いたところ消え入りそうな声で「だ、大丈夫です…」と言われて何もなかったことになった、という経験があるからです。

そこで、私はこの時、まず自分のスマホのメール画面に文章を入力し、彼女がちょっと目を動かせば見える位置にスマホを持っていき<痴漢にあってるよね?捕まえますが、一緒に降りることはできますか?>この文章を読んでもらいます。

女性がここで「はい」と言葉に出せない可能性も高く、首を軽く動かしたり視線で頷くなどの反応があれば行動に移します。

「思いもよらないこと、勘違いです!」という反応をされたらもちろん別ですが、これまでそういったケースはありませんでした。

車両から出そうとした右手を、カッターナイフで切られる

次の駅で止まり、ドアが開く直前。私は女性の尻を撫でている男の手を掴み、もともと低い声をもっと低くして「おい、さっきから見てんだよ、こっちは」と言い、その腕を引っ張って車両からホームに連れ出しました。

駅員が駆け寄って来るまでのわずかな時間、私はホームで痴漢オヤジの腕を掴んだままいたのですが、隣で立ちすくんでいた被害者女性が「大丈夫ですかっ!?」と私の右手を指し悲鳴を上げました。

自分の右腕(手の甲付近)を見ると血がタラ~リ。それまで痛みも感じていなかったのに血を見た途端に痛くなり「なんじゃこりゃー」状態でプチパニック!一体なぜ血が?

その後、警察が合流してから、痴漢オヤジはミニカッターを所持していたことが判明しましたが、本人は私の手は切っていないと主張(そもそも、ポケットにカッターナイフが入ってるのおかしいだろ)しました。

傷害罪として告訴することも出来るのでしょうが、これ以上この痴漢オヤジと関わりたくなかったので断りました。

ホームで男が刃物を振り回さなかっただけマシかもしれませんが、痛いし、恐怖を感じたことは事実です。

駅員が呼んだ鉄道警察の方に身振り手振りで痴漢していた様子を証言すると、男は痴漢行為を認めて警察に連行されていきました。被害者女性は母親に電話しながら号泣し、私に電話を渡してきたので、彼女の母親に事情を説明したりもしました。

このケースでは半日が潰れることとなりました。でも、見て見ぬふりをしなくて良かったと私は思えます。

証言者としてもっと長い時間を拘束されることもあるかもしれません。それでも痴漢の現場に立ち会ったなら、声を出せない被害者に代わって目撃者が声をあげて、心強い証言者になってください。

痴漢はスルーされない、許されない犯罪であるということを、多くの電車利用者が痴漢加害者に知らしめてください。

また、痴漢被害にあっている人の中には、「何度も同じ人に痴漢され、顔も覚えてる。でも声をあげることができない」という人も少なくないようです。自分から行動するには、まず、鉄道警察の方に相談をしてみてください。

痴漢被害相談(警視庁HPより)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

権利侵害申告はこちら