油圧式プレスを使って様々なモノをぶっ壊す大人気YouTubeチャンネル「Hydraulic Press Channel」の弟分「Beyond the press」が公開した…

真っ赤に熱した20kgの鋼塊(こうかい)を凍った湖の上に置いてみる!

という検証実験。これが、公開1ヶ月で1200万回再生!まだまだアクセス数を伸ばし続けているので紹介したいと思います。

フィンランドを拠点に活躍している「Beyond the press」。そのせいか、これまで、氷を使った実験を数多く紹介してきた彼らですが、今回の実験は、彼らが得意とする「氷」と、さらに得意とする「火」を融合させたエキサイティングな合わせ技。

真っ赤に熱した20kgの鋼塊は、一体どうなってしまうのでしょうか。

検証実験開始!

ガスボンベによって加熱された鋼塊。

取り出してみると、上から下まで真オレンジ!

まるでサーモグラフィーの映像を見ているかのよう。

ちなみに、湖上の雪を取り除いていますが、氷の厚さは約50cm。車が乗ってもビクともしない厚さなのだとか。

また、気になる温度ですが、鋼塊の色合い的に約800度~約1000度位ではないか?とコメントされていました。

あまりにも興味深い…

50cmの氷 VS 約1000度の鋼塊

では、衝撃の一部始終を動画でご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェェ (゚Д゚) ェェェエエエ!!!

氷の上に乗った瞬間!

ジュワァァァッァ!!!

という音と共に

ゆっくりと沈んでいく鋼塊。

驚きの速さとまではいきませんが、確実に氷の中に沈み込み…

周囲の水をあっという間に沸騰させていきます。

そして、約2分後。

鋼塊は完全に氷の中へ!

その後も沸騰し続ける氷。

ちなみに、表面の水を触ってみた女性曰く、鋼塊から50cmほど離れた場所で

「40度近い!」

とのこと。ちょうど良い湯加減ですね(笑)

そして、このまま順調に氷を突き破るかと思われた鋼塊ですが、35cnほど進んだ所でSTOP。色も真オレンジから、鋼鉄の色に!

湖下からの映像もありますが…

鋼塊。あともう少し頑張っていれば、50cmの氷をきっと突き抜けていたことでしょう。

その後、鋼塊と専用の棒を一瞬で失うというハプニングに見舞われるものの…

「まだ温かいぞ!」

と笑顔を見せる2人。最後は

「せっかく穴が開いたんだから、釣りでもする?」

と話し合っていました(笑)

9万を超える「いいね!」を獲得し、まだまだ注目を集めているこの動画。なお「Beyond the press」の公式チャンネルには、他にも分厚い氷を使ったネタがたくさんアップされていますので、興味を持った方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか?

※本記事で紹介した動画の内容は、危険ですので決してマネしないでください。

コチラも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら