記事提供:日刊SPA!

現在は共働きの時代。夫の収入減によって、妻も働かなければ子どもを育てていけないという状況に陥っている世帯も少なくない。にもかかわらず、深刻な保育園不足のために子どもを預けられず、仕事を辞めざるをえないという矛盾…。

昨年2月15日の“はてな匿名ダイヤリー”に投稿された「保育園落ちた日本死ね」。これにより待機児童問題が浮き彫りになった。

そんなおり、記者(山田門八)の妻にも妊娠が発覚。現在は3か月目、保育園をどうするのかが現実となって立ち塞がった。

ちなみに、記者にとって恥ずかしながら専門外のテーマであり、真剣に調べたことはない。そこで、これからパパになる身として向き合ってみることにした。

◆「#保育園落ちた2017」問題とは

まず、認可保育園の合否の発表は、2月中に行う自治体が多い。どうやら認可保育園の合否はポイントの加点式で決まるようだ。評価基準は自治体によって異なるが、「父母ともにフルタイム」「祖父母が遠方」など。

だが、実際あまりに厳しい競争率に、就活ならぬ「保活」という言葉まで誕生。ネット上では、子どもを入園させるためのテクニックまでが取り沙汰される始末…。

話題の投稿から1年が経過した今も、「#保育園落ちた2017」のハッシュタグを使ってSNSを検索してみれば、様々な悲痛の声が聞こえてくる。なかには、その競争率だけでなく、女性が働きにくい仕組みに言及したものまで見られる。

<子供産んでほしいのに働けなくしてるの意味わからないし、「夫婦ともにフルタイムじゃないと」ってさ、妊娠出産前から正社員だった女性以外は結局社会復帰できない仕組みなのね>(※Twitterのコメントより引用「@___sa___ra」)

東京都内の携帯ショップでパート店員として働く新米ママのMさん(24歳)はこう嘆く。

「近くの保育園は全落ち。知人の子どもはすぐに保育園が決まっていたのに…。もうどうしたらいいのかわかりません」

Mさんは以前、正社員としてメーカーで広報の仕事を務めていたが、メディア制作会社に勤務する現在の旦那(31歳)と知り合い結婚。妊娠と共に寿退社した。だが、現在は共働きながらも生活はギリギリだという。

とはいえ、メーカーの仕事に正社員で戻ることはできない。広報担当は勤務時間が不規則になることも多く、入稿作業などがあるときは夜遅くまで働かなければならない。

旦那も不規則なメディア制作の仕事をしている以上、とてもではないが、子どもを育てながらではできないという。

では、フルタイムの共働きならば認可保育園に入れるのかと言えば、そうでもない。このような声も見られる。

<保育園落ちた。フルタイム共働きで、第8希望まで書いて、0歳児で全落ち。区内に認証園はほとんどなく、落ちても行く先がない>(※Twitterのコメントより引用「@TRLVMAM」)

そもそも、なぜ多くの人が“認可”保育園に子どもを入れたいのか。“認可外”保育園は私立(民間)の運営となるため、保育料が総じて高め。また、教育方針や保育士の雰囲気なども施設によってマチマチなのである。とはいえ、デメリットばかりではない。

保育時間の融通がきくことや休日預かりをはじめ、対応の幅が広い。共働き世帯にとってはうれしいメリットも多いのだ。

前出のMさんは悩んだ挙げ句、自宅から少し離れた地域にある認可外の保育園を視野に動いているそうだ。

◆その後、保育園に子どもを入れられた親たちは…

さて、無事に保活を終えて保育園に子どもを入れられた親たちはその後、どうしているのか。神奈川県で保育士として働くCさん(30代前半)がこう漏らす。

「最近は理由もなく休日に子どもを預けにくる親が増えています。いまのご時世、それは仕方がないことなのかもしれませんが、問題はそこではありません。明らかに仕事ではなく、どこかへ遊びに行くような服装。会社でリフレッシュ休暇をとっている際は、預けてもいいことになっていますが、突っ込んで聞いてもお茶を濁すばかりなのです」

保育園に子どもを入れたのち、次にぶちあたるのが“育児疲れ”の問題。では、親たちの言い分を聞いてみたい。広告代理店に務めるSさん(30代)の意見はこうだ。

「夫婦共働きで、私は広告代理店勤務。旦那は普段から地方出張の多い営業マン。平日は家を空けていることも少なくありません。お互いに激務な業界にいるため、たまにはゆっくりと買い物をしたいし、美容院にも行きたい。旦那は、休日も家でパソコンを使って仕事をしなければならず、子どもがいると、どうしても近寄ってきてしまうので捗らないと言うのです。会社ではリフレッシュ休暇なんて、簡単には取れないのが現実。もちろん、子どもは大事ですが、私たちだって人間。心身ともに限界がありますよ」

さらに、アパレルショップで働くAさん(23歳)はこう言う。

「パパだけじゃ子どもを見れません。なにかあったら困るし、プロの保育士に預けていたほうが安心なんです」

旦那は暦どおりの土日休みだが、Aさんは店にとっての稼ぎ時である休日こそ出勤せねばならない。旦那はそこまで育児に慣れておらず、家に1人で任せておくのは不安だというのだ。

だが、ここまで話を聞いてみて、親の都合が優先しがちではある。

「子どもの目線としては親と一緒にいたいはず。平日あまり時間がないのなら尚更です」

こう語るのは都内の保育園で働くRさん(30代後半)。自身も3歳の子供がおり、土曜日は休日保育で働く忙しい身でもある。Rさんは「キレイ事かも知れませんが、それでも限られた親子の時間を大切にしてほしいですね」と語気を強めたのだった。

◆いまの時代、夫婦の協力が必要不可欠である

記者の妻は土日出勤があるなど、いわゆる共働きの世帯である。記者も土日を問わずに取材へと足を運び、原稿を書いている人間。たまの休日は、家で泥のように眠ってしまう。世の中の親たちが忙しいのも痛いほどわかる。

現在、育児疲れで少し子どもから離れたいときなど、保護者のリフレッシュを目的とした一時預かりを実施している自治体も増えてきているようだ。

とはいえ、こうした共働きによる弊害、保育園不足などの問題が早急に解決するとは思えない。いまの時代、夫婦が協力しながら子育てすることが求められている。

これから親になる身として、まずはできることから家事を手伝っていこうと思う。

【山田門八】

様々な企業のオウンドメディアや雑誌のWeb版に携わる編集者・ネットウォッチャー。得意分野は雑学全般と芸能関係。趣味は瞑想と座禅。

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら