記事提供:messy

出典 https://www.flickr.com

韓国女子は、男の前で簡単に笑わない。

「日本の女はすぐヤらせるから軽く見られるんですよ!」

「会ったその日にヤらせる、連絡が来たら断らない、すぐに男のいるところまで出かける。ほんと日本の女ってバカばっかり!」

「私はそんなバカじゃない!」

…と話すマミさん(21歳)。韓国に留学して1年。その間に4人の韓国人とつき合ったという彼女が、韓国人女性から学んだ恋愛術を披露してくれた。

「もぉーね、3人目まではクズ野郎ばっかり。エッチすることしか考えてなくて、こっちが簡単にヤらせないとわかると、連絡がなくなって自然消滅。3人目の男なんて、スマホを3台も隠し持っていて、私の名前が登録されていたのは“遊び女専用”のスマホだったんですよ!私のほかにも日本人の女の名前がめっちゃあって、それがわかった瞬間にスマホぶっ壊して、窓から捨ててやりました」

基本は、命令口調

現在交際中の4人目の彼とは、知り合って1カ月になるが、エッチはまだ。あと1カ月ほどはお預けにする予定。

「コリヨジャ(韓国人女性)は、1年ぐらいエッチをさせないケースもあるそうです。コリヨジャは高飛車で、わがままで、やりたい放題。ブスでもデブでも関係なし。みんなそうなんです。でもこれが韓国ではモテるので、私もコリヨジャに学んで高飛車に生きることにしました(笑)」

自分からは連絡しない。LINEやカカオが来ても、2回は既読スルー。3回目に「大丈夫?何かあった?心配だよ」とメッセージが来たら、ようやく返事。それも「えっ?別に。忙しくてバタバタしてる」と素っ気なくーーこれがマミさん流。

素っ気なくがポイントです。男に『俺にそれほど興味がないのかな?』『俺以外にも男がいるのかな?』と思わせないと!日本の女って、連絡が来たらうれしくてすぐに前のめりになって、甘えた声だして男にすり寄っていくでしょ。それだから軽く見られる。私はデート中も無駄にニコニコしませんよ。『水!』『ウェットティッシュ!』と基本は命令口調。トイレに入る前に、『キレイで安全かどうか、確認してきて!』と命令して、トイレチェックに行かせることもあります(笑)」

デートのたびに送り迎えは当たり前。日本人女子の集まりで自分だけが出かけるときも、彼に迎えにきてもらい、待ち合わせ場所まで送り届けてもらうことも多い。ちなみにマミさんの家とカレの家は、車で約1時間の距離。

もちろんマミさんはここでも一貫して素っ気なく、「『ありがと!』なんて簡単には言いませんよ」、だそうだ。「それでも韓国の男は喜んで命令に従う」とマミさん。

韓国人女性が男の前で高飛車なことはよく聞くが、カフェや居酒屋など人目につく場所でもお構いなしにイチャイチャ、チュッチュッしまくっている姿もまた、韓国人女性の印象的な姿である。

マミさん曰く、こんな場面でも「コリヨジャのこだわり」があるのだとか。

ツンからデレへの転換

「『イチャイチャの始まりは高飛車でも、途中からどんどん子どもっぽく甘えた感じに変身する』…これが大切だと教わりました。

たとえばカフェでイチャイチャしたくなったら、最初は『手さすって!』『指舐めて!』『足マッサージして!』『ポッポして(チューして)!』と命令し、徐々に盛り上がってきたら、そこからは彼に任せて甘えます。

コリヨジャから強くいわれたのは、どんなに普段は素っ気なくても、ベッドに入ったときは絶対的にかわいく、処女のように振る舞うということ。

私もカレとの初エッチでかわいく変身するため、今度コリヨジャと一緒に下着を買いに行く予定です」

こういった韓国女子の高飛車ツンデレ系話はそれほど新鮮ではないが、マミさんの話のなかで気になったのが、カフェでイチャイチャしたくなったら、「指舐めて!」と命令するという話。

カフェで、「おいおい、あれ、おっぱじめちゃうんじゃないの?」ってほどにイチャつくカップルにはこれまでもたくさん遭遇してきたが、「指舐めて!」「はい!」、で、舐め舐め、なんてカップル見たことないぞ。

気持ち悪い。でもおもしろそう。見てみたい。

「私も一度『指舐めて!』っていったことありますよ。そしたら向かいの席に座っていた彼が立ち上がって、そのまま前かがみになって私の指を舐めてきました。さすがに恥ずかしくなってやめさせましたけど(笑)」

とマミさん。うわー気持ち悪い。でもその光景、おもしろすぎる。見てみたい。見てみたすぎる(笑)

でもやっぱり、そうとう気持ち悪そうだな。

権利侵害申告はこちら