記事提供:Entame Plex

売れっ子放送作家・鈴木おさむによる脚本ならではのエッジの効いた予測不能なストーリー展開が、視聴者の心を鷲掴みにして放さないノンストップ“ドロキュン”恋愛ドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系/毎週金曜よる11:15~※一部地域を除く)。

恋人の康太(三浦翔平)からプロポーズされ、幸せを噛みしめていた光(倉科カナ)。

そこに突然、かつて死ぬほど愛した元彼・森山信(大谷亮平)が目の前に現れたことから物語は急展開!信の妻・蘭(水野美紀)は、光に夫を奪われまいとの嫉妬心から狂気の行動に――。

そんな本作で“怖すぎる”“ホラー”と話題になっている水野演じるヒール役・蘭に負けず劣らずのキャラクター、光と康太との仲を引き裂こうとけしかける性悪女・豊野秀子(とよのしゅうこ)役を好演しているのが、秋元才加。

“秀子のことをどんどん嫌ってください(笑)”とおどけてみせつつも、初の役どころに不安でいっぱいだったと胸の内を明かしてくれた秋元。そんな彼女に本作の見どころ、秀子役の反響ぶり、自身の恋愛観などいろいろと話を聞いた。

――このドラマの脚本を読んだときの感想は?

「ジェットコースターに乗っているような感覚で、“なんじゃこりゃ!?”って思いました(笑)。今回のような役柄をやることも初めてでしたし、結構過激なシーンも多いので自分にとって挑戦だなと思って…。自分にこの役が務まるかどうか不安で、周りの人たちに相談したり、かなり悩みました」

――新たな役どころへの挑戦は楽しみよりも不安のほうが大きかったと。

「正直、怖かったです。ベッドシーンとまでは言わないですけどラブシーンも多かったので、出来るのかな!?って。女性らしさを出すような役は苦手分野だったので(笑)。これを機に、こうした役も克服出来たらなって思いました」

――豊野秀子という女性像にはどんなイメージを持ちましたか?

「倉科カナさんの後輩役なんですが、表向きはすごく明るくていい子なんだけど裏の顔があるというキャラクターなので後輩感をどう出そうかと考えましたね。声のトーンや衣装とか、まず見た目から入っていこうとイメージを作っていきました」

――康太をけしかける性悪なヒール役ですが、演じ甲斐があるのでは?

「今、撮影が折り返し地点なんですが、ようやくこの役を演じることが面白いなって思えるようになってきました(笑)。『ゲスな感じでニヤっと笑ってください』とか『いろんなバリエーションを考えてみてください』って樹下監督に言われたんですけど、最初はどう笑えばいいのか分からなくて…。鏡を見ながら何度も練習して」

――周りの反響もすごいのでは?

「皆さん、ドラマの公式ツイッターのタイムラインでワイワイ話し合いながら観ているんです。初回放送のとき、すごく不安だったのでわたしもタイムラインを読みながらドラマを観てたんですけど“なんだよ、秀子!”ってものすごい叩かれようで…。第1話からすごくヘコみました(笑)」

――でもそれだけ言われるということは、しっかりとヒール役を演じ切れている証拠だと思いますよ!

「第2話もリアルタイムで観ていたんですけど、“あっ、言われれば言われるほどわたしとしてはうれしいことなんだな”っていうことに気付いて。それからは反応が楽しくなってきました(笑)。そういった部分も踏まえて(鈴木)おさむさんは(脚本を)書いたのかなって」

――現在、撮影真っ只中だと思いますが、現場の雰囲気はいかがですか?

「“ここでこんなこと言う!?”とか“これありえないでしょ!?”みたいなことを、毎回みんなで和気あいあいと話しながらシーンに臨んでいます(笑)」

――秀子は康太の唇を奪ったり…キスシーン含め三浦さんとのシーンが多いと思いますが何かエピソードはあります?

「三浦さんはいろんな作品に出ていらっしゃるので、すごくドシッと構えてくださって。ラブシーンにかぎらず現場ではとても頼もしいです」

――うまく秋元さんをリードしてくれていると。

「そうですね。三浦翔平くんとキスシーンって“うらやましい!”って思われているかもしれないですけど(笑)。慣れないラブシーンにすごく緊張してしまって…、体力もメンタルもかなり消耗しそうで気合いで乗り切るしかなかったです。三浦さんとは同い年なんですけど、わたしがその場で不安に思ったことを相談するとさりげない一言をかけてくれたり、頼りっぱなしでした」

――回を追うごとに先の読めない展開がものすごく話題になっていますね。

「この先は、もう加速しかない!引くとかないですから(笑)。押しまくって最後はどうなるのか…わたしにも分からないです。だから回を重ねるごとに、ぐったりしています(笑)」

――“ドロキュン”ぶりが多くの人を惹きつけているようです。

「まさにドロキュンホラードラマ。過激すぎて、ホントにジェットコースターに乗っているかのように話の流れも速くて、気が付いたらいつの間にか一時間経っちゃってるみたいな。周りの友だちと“何だよこれ!”ってリアルタイムで話したりしながらみんなで観ると楽しい作品ですよね」

――ストーリーだけでなく、秀子がこの先どうなるのかもすごく気になるところで…。

「そうなんですよ!ただの性悪女で終わらなければいいんですけど(笑)。どうなんだろう…、康太が好きという気持ちが大前提としてあるので、そういう部分がちょっとは見えたらいいなって」

――“嫉妬”が渦巻くこのドラマですが、秋元さんはやきもちを焼くタイプですか?

「焼くタイプだと思います。蘭さん(水野美紀)のように、あそこまで束縛することはないですけど(笑)」

――例えば、元カノの話をされたりは?

「イヤです、わたし…たぶん機嫌が悪くなっちゃう。女性ってなぜか昔付き合ってた人のこととか気になるけど、聞いたら絶対に機嫌が悪くなるんですよね(笑)」

――このドラマのようなドロドロな恋愛ってどう思います?

「できることなら避けたいですし、わたしはイヤです。だから尚更、秀子の気持ちであったり、どう理解を深められるかというところに最初苦労したのかもしれないです」

――その苦労も経て、今は秀子を演じることがようやく楽しめるようになったみたいで。

「意地悪って楽しいなって(笑)。“もっと秀子を話題にして!”って謎の図太さが出てきました」

――以前、理想の結婚生活について「夫と同じマンションの隣の部屋に住むこと」と語っていたようですが、今現在自身の結婚観に変化はありました?

「それが最近ちょっと変わってきたんです!わたしは自分一人の時間が必要だったりするので、隣じゃなく部屋数があれば一緒に住めるんじゃないかなって思えるようになってきました(笑)。

寝る部屋とリビング、あとひとりで籠れる部屋があったら大丈夫かなって。

隣で別々に住むのはちょっとお互いの距離感が遠いのかなって感覚にはなってきたんですけど…、もしくは仕事の時だけ隣の部屋、あと生活するときはわたしの部屋みたいに決めごとをするのも良さそう。

そのほうが新鮮な夫婦生活をおくれる感じがするし、わたしは近すぎるとダメになっちゃう気がします。やっぱり一人になれる時間は欲しいですね(笑)」

――今、プライベートでハマっていることは?

「美コア(※禅の思想をもとにつくられた心と身体をバランスよく、よりよい健康状態に保てるよう調和バランスが考えられたトレーニング)のトレーニングに通っています。

先生から『(美コアの)インストラクターになりませんか?』って声をかけていただいて、将来のためにも自分のためにもなりそうだなと思ったので、インストラクターの資格を取るために頑張っています。

一次は受かりました!三次まであるんですけど、久しぶりにテストを受けたらすごく緊張しちゃった。自分の体のことももっとよく知りたいし、食についても勉強できるし、何よりも目標に向けて頑張ることは楽しいですね」

――プライベートも充実しているようですね!昨年、デビューから10年の節目を迎えましたが、改めて振り返ってみていかがですか?

「デビューして10年、今までは名前や顔を覚えてもらおうとがむしゃらにやってきました。AKB48を卒業して4年目になりますが、徐々に自分のやりたいお仕事とか求められていることがリンクしてきたかなと感じています」

――仰る通り、AKB48卒業後は、ドラマ・映画・舞台と女優として地に足のついた活動をされている印象です。

「グループ在籍時からそこまで中心メンバーでもなかったので、裏をかいていく面白さというのを常に感じながらやっているのかもしれないですね(笑)。今回のドラマもそうですが、いろんな作品に出演したり幅を広げて頑張ることで、自分を育ててくれたグループへの恩返しになればいいなと思っています」

――やはり同期の仲間たちの頑張りはお互い刺激になりますか?

「わたしは2期生なんですけど、同期でよく集まりますよ!最近の仕事の話や近況を報告し合ったり、落ち込んでいる子がいたら励まして、いい仕事が決まったら喜び合ってみんなでお祝いしたり。仲間がいてよかったなってすごく思います」

――この作品ではどういった声が?

「大島優子とはお互いのドラマを観てふたりで感想を言い合っています。『秋元さん、あのシーン手の動きが変ですよ』ってリアルタイムでメールがきたり(笑)。わたしたちは、グループとして活動してきたので、仲間がいてくれるということがものすごく励みになることなんだなって最近すごく感じています。これから先、そういう友達って何人出逢えるのかなと考えたときに、なかなか難しいだろうなと思うので。10代のときにかけがえのない仲間に出会えたことは本当にうれしいですね」

――2017年、そして今後とどんな活動をしていきたいですか?

「年に1回は舞台のお仕事をやっていきたいです。あと、映像のお芝居をもっと勉強していきたい。舞台と映像のお芝居って全然違うし別物だと思うので、そのような現場をたくさん積み重ねていけたらいいなと思います。このドラマのような役も初めてだったので、こういう部分があったんだとか自分でも新たな発見ができるようなお仕事を続けていきたいです。チャレンジするときは不安なことも多いですけど、チャンスをいただいた際にきちんと発揮できる女優でいたいなと思います!」

――「奪い愛、冬」、これからどんな展開をみせるのか今後も楽しみですが、最後に秋元さんが思う見どころをお願いします!

「蘭さんや康太さんのお母さん(榊原郁恵)やいろんな人が入り乱れて、光さんと康太さんをどうにかしようと目論むなかで、やはり注目してほしいのは今までやさしかった康太さんが最後どうなっていくのかというところですね(笑)。蘭さんと秀子はかなりヤバい女だなというのは視聴者のみなさんも分かっていただけてると思いますが、あの康太さんがどう変貌していくのか――最終的に光さんが選ぶのは信さんなのか康太さんなのか…その愛憎劇に尽きると思います」

――個人的には秀子がどうなるのかにも期待しています!

「秀子もどんどんエスカレートしていくので、注目してほしいですね。もしかしたら、康太さんを洗脳して秀子と付き合って女王様ぶりを発揮するかもしれませんよ。みなさん、秀子のことをどんどん嫌ってください(笑)」

権利侵害申告はこちら