メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者で交通ジャーナリストでもある吉田武さんが、高齢ドライバーによる事故報道加熱の裏側を探る人気シリーズ。

これまでの3回は現役警察官僚への体当たりインタビューの模様をお伝えしてきましたが、今回からは、いよいよ高齢ドライバーご本人を直撃です。

当事者である高齢ドライバーは自らの運転技術、そして現状のマスコミ報道についてどのように考えているのでしょうか。

高齢ドライバー、事故報道多々な裏側を調査

警察庁の方から15分ほどお話を伺えただけで高齢ドライバーの事故報道の舞台裏がある程度見えてきました。

免許証保持者10万人単位でピックアップすると、事故件数は年々減少の一方、当然高齢者社会へ突入していくわけで、65歳以上のドライバー人口は増加中。

全体的に事故件数が減少している中で、人口の多い高齢者が事故を起こすと嫌でも目立ってしまい、マスコミ側もクローズアップせざるを得ない。

そこで自動車メーカーは自動運転やブレーキアシストの技術向上を目指すようになり、政府側と巧みに組んで+マスコミ)数年後には高齢者だらけになる日本の交通事情を不安視したうえで過熱報道となったという気もしている。

では、80歳以上の高齢者による事故は果たして運転技術の未熟さなのか?それともオートマチック車自体の構造に問題があるのか?

勝手に自己完結させるわけではないですが、高齢ドライバーの事故報道が毎日のようにせっせと報道するようになったことに関して、良いか悪いかと判断するとなると…良いとの答えが出てくる。

高齢ドライバーが運転していると分かればある程度こちらも注意深く近づくようになるし、それだけで何かあった際の事故回避も可能になると思う。

そこで実際に80歳以上でクルマを運転している高齢ドライバーの方に話を直接伺えないかと友人関係者らを探しまくったところ…運良くお二人の高齢ドライバーが見つかった。

まず東京都足立区在住の田村くん(彼はレスリングをやっていた時代の後輩で、匿名じゃなく名前を出して欲しいと本人の希望)の祖父がほぼ毎日のようにクルマを運転しているとのこと。

もう1人の方は知り合いの義父で昨年末に80歳になった愛知県在住の小林さん。小林さんはほぼ週末にクルマを運転する程度とのこと。

対照的なお二人なのでこれは生の声を聞きたいと思い、田村くんの祖父には直接お会いし、小林さんには電話でお話を伺ってきた。まずは82歳になっても元気バリバリな田村くんの祖父に伺ったお話から掲載していきましょう。

高齢者が感じた「ドライブ感覚の衰え」とは?

吉田「田村くんから毎日のように運転しているとお伺いしましたが」

祖父「ワシが免許を取ったのは22歳の頃だったから…もう60年ほど、ほぼ毎日運転してるかな。足立区のさ、花畑ってところは昔は交通の便が悪くてね、今は改善されたものの、バスしかなかったわけよ。そしたら必然的にクルマの需要があがるわけでさ、ワシ自身もクルマの運転は好きだから、今はちょっと腰の悪さもあるんでコンビニへ行く時もクルマを走らせているってわけだね」

吉田「田村くんからお爺さんは元気過ぎるとお伺いしてましたが…伺っていた以上にお元気な方で安心しました。ところで毎日のように運転する理由はクルマが好き、運転が好きというだけじゃない気がするのですが」

祖父「うむ、ワシ自身の問題なんだけどな、15年ぐらい前だったか、中国全土を巡ろうとして、1ヶ月ぐらい妻と中国旅行へ行ってたんだけど、帰国してから毎日のように運転していたのが、1ヶ月運転していなかっただけでドライブ感覚に衰えを感じてしまったんだな」

吉田「それはどんな衰えだったんですか?」

祖父反射神経なのかな?飛び出してくる自転車に対し、ブレーキを踏む速度が今まで運転していた時よりもワシの感覚的に遅く感じたんだよ。幸い自転車と接触せず…というよりも、一時停止無視して飛び出してきた主婦にその場で5分ぐらいワシから説教したぐらいだったがな(爆笑)」

吉田「どんな説教したんですか?(笑)」

祖父「『あんたね、いい歳して一時停止もせずに自転車で飛び出してきて良い悪い判断が出来るオトナなのに何やってんだよ!』と猛烈に説教を食らわした。『あんたみたいな自転車乗りがいるから無謀運転の自転車が当たり前のように信号無視したり一時停止無視したりするんだから、子どもたちの模範になるような正しい乗り方をしなさい!』とも畳みかけるようにガンガン説教しまくったわい(笑)」

吉田「お爺さんカッコイイですね!」

祖父日本の道路交通法はこのように飛び出して事故を発生させる加害者に対しても、自己責任における罰がないから常にワシは憤慨しているんだよ。自転車は軽車両なのに弱者扱いされ、接触でもしたら運転しているワシの方が加害者みたいに扱われ痛い思いするからなあ」

吉田「まぁ、飛び出しするバカは全員当たり屋だと僕は思ってますけどね」

祖父「ああ、確かにそうじゃな(笑)。でも日本の司法は当たり屋として扱わんからそこも問題。一番の問題は良識あるオトナが自転車だから大丈夫と軽くみて勝手な思い込みで一時停止無視して飛び出す事例を自己責任扱いで罰せないことなんだよな!」

吉田「おー!田村くんのお爺さんが道路交通法に対してこんな熱い方だったとは思いませんでした!」

祖父「60年間、毎日のように運転しているからのぅ(笑)」

高齢ドライバーは、マスコミ報道のどこに怒りを感じているのか

吉田「で、そろそろ本題に入ろうと思うんですが、高齢ドライバーの事故多発報道が毎日のように繰り広げられている今の現状に対し、実際の高齢ドライバーの方はどう思っていらっしゃるのかなぁと思いまして…」

祖父「あれはけしからんだろ!」

吉田「え!?それはマスコミの報道ですか?それとも運転ミスで事故を起こしている高齢ドライバーのことですか?」

祖父両方じゃよ。マスコミも悪だよな。ワシみたいな80歳超えてもクルマを運転するドライバーは白い目で見られるようになった。

シルバーマークをクルマの後部にマグネットで付けてはいるが、今まで以上に背後からパッシングされたり煽られたりすることが以前よりも増えたんだよ。

高齢者が運転してますよってアピールしながら運転しているわけだし、連日のマスコミの報道によって高齢ドライバーが世間から社会悪扱いされ疎外されまくっている現実っていうのは報道されないわけだし、ワシとしては納得が行かないんじゃよ」

吉田「うーん、難しいところですね。僕もマスコミ側の立場としての個人的意見ですが、過熱報道は多くの高齢ドライバーに対してのけん制目的でもあるわけですから、良し悪しの判断は難しいですねぇ…」

祖父「一方的に老人の運転は危ないって報道ばかりが目立ってしまい、30年以上無事故無違反のワシのような高齢ドライバーもいるわけなのに…。釈然としない部分は多々あるのじゃが、マスコミの報道で足りてない、というかもっと追及しなきゃいけない部分があるのにそれが大きく欠落しておるんじゃよ」

吉田「それは一体何なんですか?」

祖父「ワシを察すれば分かるじゃろ?」

吉田「え?何だろう…毎日運転する者と週末しか運転しない者を同じ扱いにしているとかですかね?」

祖父「おお、正解じゃ!それなんだがな、高齢ドライバーの事故率の統計っつうのも毎日運転する者と週末しか運転しない者と比べるべきなんじゃよ。ではな、毎日運転して衰えないよう感覚を研ぎ澄まそうとするワシみたいな高齢者と、週末しか運転しない当たり前のようにイエローラインをウインカー出して車線変更するようなホリディドライバーと比べたら、運転技術や運転の勘、そして経験度からして事故発生率はどっちが多いと思う?」

吉田「それは当然後者の方が事故を起こす確率高いと思います」

祖父「これは高齢者だけに留まらず、週末ドライバーや休日ドライバーは日常で頻繁に運転しているわけではないから、若い人でも事故発生率は多いって以前知り合いの警官からも伺っている。それなのに高齢者が運転するだけで悪者に扱われるのは、マスコミ的にどうなんだということ!」

事故多発報道で「生贄」にされる高齢ドライバーの怒り

吉田「お爺さんの叫びを聞いて、やっぱり生の声を聞くべきだと痛感しました。マスコミや警察発表の一方的過ぎる高齢ドライバーを悪、いえ、敵視させる手法は自動車メーカーの新しい技術を早期に導入させるためのスケープゴートな気がしてならないんですよ」

祖父「それはどういうことじゃ?」

吉田「事故率は減少しているんですけども、80歳以上のドライバーの人口増にともなって事故が嫌でも目立ってしまっている。で、自動車メーカーは大急ぎで自動運転技術や自動ブレーキのアシスト付きのクルマを積極的に販売していく考えを持ってまして、警察庁と国土交通省やマスコミと組んで、高齢ドライバーが事故ばかり起こすイメージを国民へ植え付けているようなんです」

祖父「なんじゃと!?政府は何を考えているんじゃ!高齢者だって無事故無違反で安全運転に努めている者だっているだろうに!当然だが若い時よりか反射神経は老人なので衰えはある。だがな、全員が全員、事故を起こす予備軍みたいに扱われるのは憤慨じゃよ!」

吉田「そうですよね。お気持ちは察します。ですが、運転手だけが一人で自爆事故を起こしていればいいのですが、人を巻き込んでの死亡事故がどうにもこうにも目立ってしまっていて、政府側としても黙っていられないあちらの立場も十分理解できるんです」

祖父「それにしても、ワシみたいに運転技術や技能の衰えが怖くて感覚を忘れてはいけないと思って毎日運転している者なんかは対象外じゃないのかね!」

吉田「それはそうなんですが…結局政府側はそういう個人個人のことまでフォローできない状態ですから残念ですが同列にお爺さんも並べられてしまうんです」

祖父「は!?ワシはな、かれこれ35年ぐらい無事故無違反なんじゃよ。おまわりの勘違いで危うく一時停止違反のキップを切られそうになったが、口論になった挙句、なぜか厳重注意とわけのわからないことを言われて、腹が立ったんで警察署へ怒鳴り込みに行って“あんたらの管轄にいる警官は誤認で違反キップを切ろうとして、さらにそれが間違いだったと渋々認めたと思ったら厳重注意とか意味わからんことを言いおってどうかしてるぞ!”と」

吉田「お爺さん元気過ぎます(笑)。田村くんいわく100歳まで生きるお爺ちゃんって言ってましたがもっと長生きしますよー!」

祖父「むしろいつも怒ってばかりいるから、いつ血圧上がってポックリいくかわからんけどな」

吉田「お爺さんに言われて僕も気が付いたことなんですけども、僕自身がマスコミ職という報道する側にいるから違和感ばかりが先走る形になってしまいましたが、先ほどおっしゃられた週末や休日しか運転しないホリデイドライバーと、お爺さんのように毎日クルマを運転しているドライバーを同列に並べて高齢ドライバーの事故が多いっていう報道は偏向報道な気もしてきたんですね。

こうやって直接お話ができて生の声を拾えて初めて気付いたことでもあるんですが、毎日運転している人の方が事故遭遇率が当然運転している時間が長いことから多いと思ってましたが、むしろ休日とかたまにしか運転しない人の方が確かにイエローラインを平気でウインカー出して車線変更するわ、右折禁止の交差点でも曲がろうとするわと、思い返せば色々そういうドライバーを見てきたっけなぁと。

となると、普段からあまり運転しないドライバーの方が事故誘発率がとても高いんじゃないかと感じるんです」

祖父「そうじゃろそうじゃろ。あんたの柔軟な考え方は好きじゃ。マスコミの連中なんてもっと頭が固いもんじゃと思っていたがな(笑)」

吉田「つまり僕が何を言いたいか、伝えたいかと言いますと、毎日運転しているドライバーの方が時間計算だけで測定すれば運転経験を多く積めるわけでして、ホリデイドライバーは経験が未熟のままゴールド免許とかになっているんで、それが自分には安全に運転できると勝手な思い込みもあったりしているのかなって」

祖父「その可能性はあるかもしれない。ワシの周囲の爺さん連中は時折クルマを運転するだけのドライバーが多いんじゃが、みんなゴールド免許証になっているしな。あんたが考えていることは間違ってないかもしれないぞ。ちなみに警察側やマスコミ側はホリデイドライバーな未熟な運転技術のままの高齢者の危険性に関して何か物申すこととかしないのかい?」

吉田「ええ、残念ながら警察関係者からもマスコミ側からも高齢ホリデイドライバーの危険性を議題に挙げているなんてお話は一切伺ったことはないですね」

祖父「最優先事項はその高齢ホリデイドライバーに言及することだとワシは思うんじゃがな。政府が今最初にやらねばならない一番欠けていることはそれじゃよ。

なぜかって言うとじゃな、普段運転しているわけじゃないから判断力の欠如が著しく激しいんだな。

ワシの囲碁友だち連中と話していると“道路標識がいっぱいあるから瞬時に判断できない”“道路に書かれている直線だけとか右折禁止の表示がもっと手前にないと困る”等々、日常で運転をあまりしてないワシの周辺の爺さん連中はいつもこんなことを言ってるんじゃよ。

それなのに高齢ドライバーと高齢ホリデイドライバーを同じに扱われるのは間違いなんじゃなかろうかと思うんじゃがね。警察もマスコミもどうしてもっとこの辺の実態を積極的にクローズアップしてくれないんだ?」

権利侵害申告はこちら