身の毛もよだつようなモノクロ写真が海外で話題に!

寒い冬の季節だというのに、背筋がゾクッと凍るような画像が海外で話題になっています。海外のTwitterでシェアされている、とある部屋の画像。開いたドアの後ろにぼんやりと浮かぶ人影。これはいったい!?・・・

画像の出どころを調べてみると、どうやらブラジルのニュースメディアサイト「emceNNa」が投稿した画像のようです。寒~い冬に、季節外れの心霊写真を見る勇気ありますか?

1枚のモノクロ写真

食器棚にテレビモニター、手前にはソファーが。柱の壁には少女の写真が飾ってあります。開いているドアの後ろに注目!誰もが真っ先に目が行くのではないでしょうか?

クローズアップしてみると

ドアの取っ手の高さより低い位置に人影が!?顔の中に見るからに目、鼻、口のようなものが!髪の毛の短い男の子のように見えませんか?

こ、これは・・・鳥肌ものだわ!さらに拡大してみると

擦りガラスのドアの後ろに、明らかに子どものような影が・・・。これは幽霊!?
カメラ目線で何かを訴えている・・・こ、恐い・・・

これは心霊写真なのか!?

この家はブラジルの旧家!?この家に住み着いた子どもの霊?

亡くなった子どもの霊なのか!?

ギャ~~~~~~!!!!

これは鳥肌もの!・・・心臓がドキドキ

勇気を出してドアを開けてみる・・・

ちょっと待って!?勝手に幽霊だと思い込んじゃいないですか?もしかしたら空き巣が潜んでいるってことも。

そこに現れたものは・・・

正体はショッピングカートだったようで(苦笑)。



モノクロ写真が時代を感じさせ、ブラジルのニュースメディアなのでポルトガル語で書かれているため、言葉が分からないと想像をかきたてられるようなシチュエーションといいますか(笑)

こんなことわざがありますよね。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」。幽霊だと思って恐れていたものが、よく見たら枯れたススキの穂だった・・・。恐怖心や疑心があると、ふとしたものが恐ろしいものに見えてしまうという、まさにそれではないでしょうか。

海外のTwitterでシェアされているこの画像

心霊写真の多くは、錯覚の一種なのかも?

この画像、検索してみると海外でかなり拡散されているようです。

Twitterの反応は、
・素晴らしい勘違い
・かなりビビった!
・心臓発作が起きるところだった
・凍り付いたよ!どうしてくれるの?
・カートの中に子ども隠れてない?
・心霊写真てこんなものなのかもね

等々、恐怖をかきたてた後に、実はショッピングカートだった!・・・という落ちがホッとさせてくれたようで、激怒する人はいなかったようです。

心霊写真の多くは、このようにモノクロ写真やシチュエーションなどが重なった一種の錯覚なのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

海外おもしろニュースにはまっています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • キャリア
  • ニュース

権利侵害申告はこちら