記事提供:Techinsight

最近バラエティ番組でよく顔を見かけるようになった、モデルでタレントのベック。韓国出身で日本文化に興味を持ち来日し、原宿でスカウトされたという現役の美大生だ。

そんな彼女が番組のロケで描いた安藤なつ(メイプル超合金)の似顔絵が、“激似”だと話題になっている。

ファッション雑誌『Zipper』の専属モデルで現在、武蔵野美術大学大学院 造形研究科で学ぶベック。

「茶道や折り紙といった日本の文化に興味があって、それを本で読んでるうちに日本に行きたくなった」と単身来日した彼女だが、今や雑誌モデルだけでなく「ぶっちゃけトークが面白い」「素朴で素直なところが可愛い」とバラエティ番組でも重宝されるタレントへと成長している。

そんなベックが、2月19日放送の『旅ずきんちゃん』で小島よしお吉木りさ安藤なつらと一緒に“飛騨牛を食べ尽くす旅”に参加した。

ロケで訪れたあるお店でベックが油絵の中でも人物画を得意としていることを聞き、料理を待つ間に3人の似顔絵をペンで描くことになった。

まず安藤をモデルとしてサラサラと顔の輪郭を描き始めた段階で、VTRでその様子をスタジオで見ていた大久保佳代子友近から「あ、もう似てる」と声があがる。

もちろん完成した絵も「完璧!」「予想を超える」とそのそっくりぶりに安藤本人や小島も驚いていた。

20日の『安藤なつ(メイプル超合金)puchiandonatsu ツイッター』で「激似ちゃん」とベック作の似顔絵が公開されると、「輪郭と髪型描いた時点でクリソツでビックリした」「特徴をとらえてて味がありますね」「スゴっ似てるぅー」とフォロワーも絶賛している。

だが中には「竹山さんにも少し似…」「タケ子やっ」と安藤の事務所の先輩、カンニング竹山の顔を思い出した方もいたようだ。

権利侵害申告はこちら