記事提供:messy

近藤サト公式ブログより。

元フジテレビアナウンサーの近藤サト(48)の夫(55)が20代の一般女性と不倫しており、現在夫婦が別居中であることを2月16日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。

近藤は1998年9月にフジテレビを退職し、その2カ月後に歌舞伎俳優の5代目坂東八十助と結婚。坂東には妻子がおり、複数の女性と不倫交際したのち近藤と結婚したといわれ当時は随分バッシングされたものだった。

だが2年後には離婚し、2003年に現在の夫と再婚。このとき近藤は妊娠4カ月だった。夫婦には男の子がひとり誕生し、近藤は現在フリーとして活躍しながら母校である日大藝術学部放送学科の特任教授を務めている。

近藤は今回の夫の不倫騒動について文春の取材に対し、離婚の可能性は「ゼロ」と指で数字を作るジェスチャーをしつつ答えていた。

だが記事によると、結婚後は夫の所有する港区のマンションで暮らしていたが、2015年には夫がマンションを出て行き、近藤も渋谷区の高級マンションに長男と引越しをした。

夫は現在、不倫相手の女性と半同棲生活を送っているのだという。傍目から見れば夫婦としての関係は破綻しているようにも見えるが、離婚はしないとコメントしているからには、すでに夫婦の間で話はついている、ということだろうか。

ところで近藤は、夫がマンションを出たといわれる2015年からアメブロをスタートさせている。何か家庭のことなど匂わす記述はあるだろうかとブログを読んでみたのだが…これは本当に有名人のアメブロなのか!?と驚くほどに硬派なのである。

まず、ブログ収入などハナからあてにしていないといわんばかりに更新頻度が低い。最新記事5つのうち、なんと今年更新されたものは1つ。もう2月も半ばだというのにだ。

更新しまくるわりに中身の一切ない記事を連発し続ける川崎希&アレク夫婦とは雲泥の差である。

そして有名人アメブロといえば“うっとうしいぐらいの改行”そして“満載の絵文字”がデフォルトとなりつつあるが、そんな慣習も知らんとばかり、近藤のブログ記事には無駄な改行もなく、絵文字もない。

ハッシュタグなんてもちろんない。カッコイイぞ近藤サト!

そして内容まで硬派。最新記事「『閑静な住宅街』という怠慢」はこんな感じだ。

「テレビで報道番組を見ていた子供が、ふと、

『事件となると、閑静な住宅街に、とか、閑静な住宅街で、とかそればっか言ってるな。他に言葉はないのか』

と言った。

指摘の通りである。

報道と言え、テレビが長年のルーティーンで培った怠慢に過ぎない。

ドキュメンタリー映像作家の森達也氏は、

いつも自分自身に『安っぽい手段で、観る人を誘導していないか?』と問うていると言った。

テレビがこのまま『閑静な住宅街』の怠慢にとどまり続けるなら、テレビの未来は危うい」

出典 http://ameblo.jp

近藤の顔を想像しながらブログを読んでしまうことも影響しているのか、かためのドキュメンタリー番組のナレーションみたいな強めの文章だ。短文ながら自身の身に置きかえてちょっと考えさせられてしまう。

しかもそこに添えられている東京の街の写真が、90度横に倒れていた。そんなことはお構いなしにアップ。あとから直すこともしていない。近藤サト、明らかに有名人アメブロ界では異彩を放っている。

酢漬けにした煮干しをおやつに、ひたすら読書

近藤は本をよく読むようで、ブログ記事の多くは読書感想だが、その『本をよく読む』ことについても触れられている

「佐藤一斎も、ケン・ブランチャードも、多読はほとんど意味がないと言っている。

しかし、読まねばという脅迫観念はなかなかなくならない。

そして、1度読むと、すぐ次の本を手に取っている。これは二流の人間がやることだろう」

出典 http://ameblo.jp

読書スタイルにおいて二流や一流など考えたこともない筆者であるが、この強い書きぶりに「ごもっとも!」と叫び出しそうになった。

たまには食べ物の話題もアップされている。のだが、それがまた「煮干し」。渋~~い。しかも記事には「普段、煮干しを酢漬けにしたものを間食に食べていますが」ってすっごい渋~~~い。

日常生活も近藤にかかれば何やら重みのある記事になる。単なるお祭りの記事も…、

「街はおまつりお骨となつて帰られたか

山頭火の句

昭和の初め、日本が各国と戦争していた時代の『日常』を鮮烈に切り取った句ですが、今の世もまだ、世界中では同じような日常が途切れることなく繰り返されています」

出典 http://ameblo.jp

いちいち「へぇ~」なんて思ってしまう自分がいる。このブログ記事、普通のアメブロ芸能人だったら、↓こうだ。

「今日は(ハート)(太陽)

家族と(キラキラ)

近所のお祭りを見ました(音符連打)(ビックリマーク5個)」

改行はもっと多いかもしれない。

近藤のブログは文章が上手なのも楽しい。どういう風の吹き回しか全くわからないのだがたまに長文記事も投稿し(「このやるせない気持ち…」「おばちゃんスイッチ!」、それもいちいち読ませる。

ブログウォッチャーとして初めて、有名人ブログを面白いと思ってしまった。

記事ごとに文体が「です・ます」調だったり「だ・である」調だったりと、変わるところが若干気にかかるのだが、松居一代のブログに見られた突然の「わたし」から「あたし」表記への変化のように、見るものを不安にさせることもない。

改行&絵文字&更新多めの王道スタイルから一線を画した近藤のブログは有名人ブログにおけるオアシス的な存在といってもよいだろう。

正直、こういったスタイルのブログがもっと増えてほしい。現状では近藤と、北川景子(アメブロではない)くらいじゃないだろうか。

そして近藤には今回の不倫騒動についてもいつか文学的に総括してほしいものである。

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

権利侵害申告はこちら