油圧式プレスを使って様々なモノを潰していく…イギリス発の人気Youtubeチャンネル「Crushit」が公開した

純金1kg!約490万円相当の金塊を油圧プレスで潰してみる!

という検証実験。これが、海外の大手サイトに取り上げられ話題となっていたので紹介したいと思います。

ここ数年、非常に人気を博している…油圧式プレスを使った検証実験動画。YouTubeにはたくさんの専門チャンネルが開設され

■ボウリングの球
■分厚い辞書
■カーボンファイバー
■乾電池
■iPhone7

など、これまで様々なモノが油圧式プレスの餌食になってきたのですが、今回ターゲットになったのはなんと…

1kgの純金!

はたして金塊(インゴット)は、どのような姿になってしまうのでしょうか。

前代未聞の検証実験スタート!

2016年11月26日に公開されたこの動画。撮影時、金の価値は1kgで4万ドル!約450万円だったそうですが、その後さらに価値が上がり、現在は1kg約490万円になっているのだそう。

重さを量ると、ピッタリ1000g(1kg)。

これは期待せずにはいられません。

いよいよ金塊が油圧式プレスの下に

ウィーンという機械音が鳴り響く中、少しずつ下がっていく油圧式プレス。

すると、金塊の表面が一瞬にしてグチャグチャになり…

あっという間に、1/2サイズになってしまった金塊。

もはや…最初の面影はゼロ!どえらいことに!(笑)

さらに、圧し潰すべく、金塊の向きを変え

再度、プレス開始!

その結果、金塊に刻印された「999.9」の文字も消え去り…

見るも無残なカタチとなってしまった金塊。

これでは金のオーラ半減!

一気に金メッキ臭が漂う物質に!(笑)

もちろん、潰した事で重さが変わる(減る)事はほとんどありませんが、明らかに残念な物質となってしまった金塊。では、圧倒的な力を受け、グニャグニャになる金塊の姿を動画にてご覧下さい。

出典 YouTube

1.2カラットのダイヤモンドを油圧式プレスで潰してみた!という検証実験も合わせてどうぞ

出典 YouTube

勿体ないにもほどがある!

金に関しては、再度、加工すれば、元の姿に戻すことが出来ますが、ダイヤモンドは修復不可能。これは真似したくても真似出来ない…あまりにも贅沢すぎる検証実験ですね。

ちなみに、この金塊は「Crushit」さんの私物ではなく、イギリスの貴金属投資会社「Baird & Co」が提供したモノなのだそうで、検証実験終了後、元のカタチ(インゴット)に戻されたそうです。

回を重ねるごとに、実験内容が過激化している油圧式プレスを使った検証実験動画。興味を持った方、魅了された方は「Crushit」のYouTubeチャンネルをチェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら