リビングでの快適な生活に欠かせないこと。

それは様々なものの配置や使いやすさにある、と言っても過言ではないと思います。

しかし、いくら使いやすいからといって物を出しっばなしにしてしまうというのはナンセンス。

家の中で出しっぱなしにしやすいものの代表格ともいえるリモコン。

いちばん面倒臭くなく、使い勝手の良い収納を求めて、3つのパターンの収納法を試してみました!

■その1:テーブル上のリモコンラックに収納する

ズボラな人だと、テーブルの上に置いてあるリモコンラックに戻すことすら面倒臭く感じてしまうため、やや難易度が高いかもしれません。

ただ、手の届く位置にラックが置いてある場合はしっかりとそこに戻すので、置き場所を工夫すればある程度は有効です。

個人的には、使い勝手の良さは5点満点中3点といったところでしょうか。

■その2:壁にカゴ等を取り付けて片付ける

これも上記と同様で、ズボラな人はわざわざ壁まで行って戻さないんですよね。

壁に戻してしまうと、ふとチャンネルを変えたくなったときに、わざわざ立ち上がらなければならず、面倒臭く感じてしまうのです。

ただテーブルの上にリモコンラックがないので、見た目はスッキリします。

その点はメリットだといえるかもしれませんね。

個人的には、使い勝手の良さは5点満点中2点です。

■その3:テーブルの下にリモコンを貼り付ける

これはズボラな筆者でも、続けることができました!

簡単にすっきり片付くので、かなりオススメです。

ただ、マジックテープが1か所にしかないと「近い人がやってよ!」と、リモコンを管理する人が決まってきてしまいます。

数か所にマジックテープを貼り付けておけば、誰でも手軽に収納することができるので、「リモコンに近い人がリモコン担当なんだからね!」なんていう面倒臭いもめ事からも解放されるでしょう。

個人的には、使い勝手の良さは5点満点中5点です!



いかがでしたか。

筆者の知り合い10名に検証をお願いしたところ、やはり1番人気は“テーブルの下にリモコンを貼り付ける”でした。

他2つは同率です。

皆さまも、リモコンの収納に困ったら、ぜひテーブル下のスペースを活用してみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら