「レゴランド・ジャパン」が2017年4月1日にグランドオープンを迎えます。

出典 https://www.legoland.jp

日本初上陸の「レゴランド・ジャパン」は、世界中の人から愛され続ける"レゴブロック"の世界観をテーマにした屋外型テーマパーク。

レゴ本社があるデンマーク、イギリス、アメリカ(カリフォルニア)、ドイツ、アメリカ(フロリダ)、マレーシア、ドバイに続き、世界7カ国8カ所目のオープンとなります。

出典 https://www.legoland.jp

レゴブロックで作られた乗り物に乗ったり、レゴに触れて遊んだり、子どもも大人も存分に楽しめる体験型と参加型アトラクションをメインとし、2018年中にはその世界観をさらに楽しめる「レゴランドホテル」も開業予定。

2歳から12歳までのお子様を持つ家族がターゲットとはいえ、レゴを愛する方にとってもたまらない施設となりそう!では早速、施設やレゴランドホテルについてご紹介します。

■パーク内は「7つのエリア」で展開

出典 https://www.legoland.jp

「レゴランド・ジャパン」は、ファクトリー、ブリックトピア、アドベンチャー、ナイト・キングダム、パイレーツ・ショア、レゴ・シティ、ミニランドの7つのエリアで展開されています。

1.ファクトリー(Factory)エリア

出典 https://www.legoland.jp

楽しい時間はここからスタート!レゴブロックがどうやって作られるのか見学できる「レゴファクトリー・ツアー」では、最後に工場からできたてのレゴブロックがプレゼントされ、アジア最大級の品揃えを誇る「ザ・ビッグ・ショップ」ではレゴランド・ジャパンだけの限定アイテムを販売。車椅子やベビーカーのレンタルもこのエリアにあります。

2.ブリックトピア(Bricktopia)エリア

出典 https://www.legoland.jp

世界のレゴランドで初のブリックトピアエリアはレゴブロックを使って想像力自由発揮させる場所。レゴで車を作ってレースに参加したり、ワークショップも開催。人気の「レゴニンジャゴー」をテーマにしたライブショーなども行われます。

出典 https://www.legoland.jp

中でも注目は、モーターやコンピューターを搭載するレゴブロックでできたロボット「レゴマインドストーム」を自分たちでプログラミングして、指令通りに動かしたりできる「ロボティック・プレイセンター」。最先端の技術に触れられる貴重なスポットにぜひ!

3.アドベンチャー(Adventure)エリア

出典 https://www.legoland.jp

アドベンチャーエリアはレゴダイバーの一員になって海底の古代遺跡を探検する「サブマリン・アドベンチャー」や、車に乗り込んで盗まれた宝物を取り戻すために古代寺院の遺跡を探検する「ロスト・キングダム・アドベンチャー」など、冒険と遺跡がテーマ。

4.ナイト・キングダム(Knight's Kingdom)エリア

出典 https://www.legoland.jp

中世の世界が広がるこのエリアの象徴は、ドラゴンに乗って中世のお城を冒険するジェットコースター「ザ・ドラゴン」。ほかにミニ・ローラーコースター「ドラゴン・アプレンティス」や、汽車型メリーゴーランド「マーリン・チャレンジ」など、小さい子どもたちでも楽しめるアトラクションが満載。

5.パイレーツ・ショア(Pirate Shore)エリア

出典 https://www.legoland.jp

海賊船がテーマのこのエリア。サメがうようよしている海にガレオン船をこぎ出し、「スプラッシュ・バトル」で海賊たちと水鉄砲で熱くバトル!

6.レゴ・シティ(LEGO City)

出典 https://www.legoland.jp

パイロットになって飛行機に乗ったり、コースト・ガード本部に入隊してボートを操縦したり、消防士になって燃えているビルを救うなど、ここで築き上げるのはブロックではなく決断とチームワーク。

そして、4Dムービーが観られる「映画館」や、車の運転を学んでレゴ公式のドライバーズライセンスがもらえる「ドライビング・スクール」など、このエリアだけで1日遊べそうな充実っぷり。

7.ミニランド(Miniland)

出典 https://www.legoland.jp

世界名所をレゴブロックで再現したミニランドエリア。東京、大阪、京都、名古屋の景色や街並みを、10,496,352個のレゴブロックで再現したその眺めは圧巻の一言!

ではここからは、レストランやショップなどをチェックしていきましょう。

■レストラン&スタンドショップ

出典 https://www.legoland.jp

専用窯で焼き上げたピザを堪能できるビュッフェや、ビーフ100%で肉感が味わえるハンバーガー、子どもでも食べやすいホットドッグにチキン、お城の中で和洋料理が楽しめるレストランなど、大人も子どもも満足できる料理が勢ぞろい。

■ショップは各エリアのテーマに沿って展開

出典 https://www.legoland.jp

海賊船がテーマのパイレーツ・ショアエリアには海をテーマにしたアイテムが揃うなど、ショップは各エリアのイメージに沿って展開されているようです。

まず抑えたいのはアジア最大級の品揃えを誇る「ビッグ・ショップ」。ファクトリーエリアにあり、このエリアには車いすやベビーカーがレンタルできる「コーナー・ショップ」も。

好きなパーツで作品を作ったり、キーチェーンに名前を入れられるショップ「ピック・ア・ブリック」や、ミニフィギュアで作品が作れるレゴミニフィギュアの専門店「ミニフィギュア・マーケット」は、ブリックトピアエリアに並びます。

■オフィシャルパートナーホテルは4施設

出典 https://www.legoland.jp

「レゴランドジャパン」のオフィシャルパートナーホテルは、名古屋市内の「ヒルトン名古屋」「名古屋観光ホテル」「ロイヤルパークホテル ザ 名古屋」「キャッスルプラザ」の4施設。

『1DAYパスポート付きプラン』などのお得な宿泊プランや詳細については、こちら(BED&BRICK)よりご確認ください。

■海外の「レゴランドホテル」をチェック!

出典 https://bookings.ihotelier.com

とっても残念ですが、レゴの世界観が楽しめる「レゴランドホテル」は未完成で、2018年中にオープン予定。こちらはマレーシアのホテルですが可愛いすぎますね!

出典 https://vacations.legoland.com

カルフォルニアのレゴランドホテルは、ゆったりとした雰囲気。

出典 https://www.legoland.com

こちらはフロリダ。レゴランドのキャラクターたちとレストランなどで会うことが出来るのもオフィシャルホテルならでは。

出典 https://www.legoland.com.my

もちろん室内もぬかりありませんし、レストランやショップも充実。そしてホテルに置いてあるレゴブロックは使い放題でプールまで完備と、レゴファンにはたまらない充実っぷりです。オープンに期待しましょう!

■ネットでも期待の声が続々…

かわいいし行きたいですよね~!

そうなんです。現在、公式サイトまたはセブン・チケットにて年間パスポートを購入した方を、3月25日から27日のプレビューデーに招待するキャンペーンを実施しています。各日定員に達し次第販売終了となりますので、購入予定の方はお忘れなく。

内覧会に行った方も満足されたようです。

出典 https://twitter.com

「レゴランド・ジャパン」は2017年4月1日10時にグランドオープン。これから多くの子どもたちに夢と感動を与えていくのでしょうね~。期待しましょう!

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら