沼田まほかるによる小説『彼女がその名を知らない鳥たち』が、2017年秋に蒼井優と阿部サダヲのダブル主演で映画化されることが明らかになった。

登場人物が最低過ぎると話題の同作の映画化とあり、「ここまでのクズをこの2人が演じるとか興味深い!」と期待の声が上がっている。

物語は、八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子が、今は15歳上の男・陣治と暮らしているという設定からスタート。

卑屈で不潔な陣治を軽蔑しながらも経済面では依存し、自分では働かず、さらにかつての恋人に似た男との情事に溺れる自分勝手な女性・十和子を演じるのは蒼井。そして下品で貧相な男・陣治を阿部が演じる。

蒼井は十和子について、自分に対して諦めができず、だからと言って何か行動をおこすこともできない「甘ったれた女性」と分析し、「共感は全くできない役だったけれど、ご覧になる方に自ら嫌われる勇気をどこまで持てるのか、試したいと思いました」と意気込みをコメント。

また阿部は陣治を演じるために、汚い食べ方や、痰が絡んだ咳をするなど、汚い男に見せるために監督と相談しながら取り組んだことを明かしている。

原作者の沼田も脚本を読み、ラストあたりでは落涙してしまったと語っている同作。どんな作品に仕上がっているのか期待は高まるばかりだ。

■映画「彼女がその名を知らない鳥たち」

公開日:2017年秋
原作:沼田まほかる
監督:白石和彌
出演:蒼井優、阿部サダヲ ほか

権利侵害申告はこちら