日本人の多くは「マイナス点を気にする」性質を持っています。

脳の性質上、ネガティブな傾向を持っていることはすでに脳科学で証明されています。昔、私の番組『本気論TV』でお話ししましたね。

欧米で30%ほどしかいないマイナス思考の人間が、日本には70%以上いることが研究の結果分かっているのです。

なので、ついつい「今の日本の経済状況は悪くて…」「今後も経済発展なんてしなくて…」と考えて嘆いてしまうのですが、頭の中をスッカラカンにしてちょっと原点に戻ってみましょう。

そもそもなぜ【経済発展したの】?

では、ものすごくおおざっぱでいいので「経済発展の条件」を考えてみましょう。細かく言い始めるときりがないのですが、何冊もの本を読んでいると「国」と言う単位における「経済発展」って、3つくらいしか条件がないことが分かってきます。

1. 人口が増える

→今まで100人しかいなかった国が200人になるんです。100台しか売れてなかったテレビが200台売れるんです。発展しますよね。簡単です。一番経済に影響を与えるのが人口です。

2. ライフスタイルが変わる

→今まで100人が夜はみんな寝てたのに、テレビが誕生して、みんなでドラマを見るようになりました、と。1台もなかったテレビが100台売れました、と。経済、発展しますよね。

100台分のテレビが売れてんだから。これは「発展途上国が発展するときに経済成長する」という条件と一緒です。

3. 外国のお金が入ってくる

→「外貨獲得」って言われるやつです。今まで日本の中には100万円しかお金はなかったですよ、と。でも、アメリカ人が旅行に来て50万円落としてくれましたよ、と。次の年、日本のクニの中には150万円ありますよね。経済、発展してます。

以上です(断言)。

超ざっくり話して申し訳ないんですが、経済って「大きな話」をすると実はこんな程度だったりします(細かく言い始めるとキリがないので)。

では、上記を押さえて考え直してみましょう。

日本の「高度経済成長」は当たり前だった

戦後、日本はバカみたいに経済発展しましたね。当然です。上記条件…経済が発展する主要条件の3つが全部メガスピードで重なったからです。

・人口=増えまくりました。特に戦後、子供を産みまくりましたから。

・ライフスタイル=戦後の焼け野原だったこともあってテレビも冷蔵庫も車も…どんどん変わっていきました。

・外貨獲得=安い鉄鉱石を仕入れまくって高い車にして輸出しまくりました。どんどん外貨が流れ込んできましたよね。

主要な経済成長の条件が3つなのに、これだけ3つとも揃えちゃうと経済成長なんて、して当然なんです。これは日本の「高度経済成長」の原理。

ところが、見てわかる通りなんですが、これって政治…あんまり関係ないんです。分かりますよね?子供産んで育ててるのは民間の我々です。ライフスタイルの変化は民間の会社が頑張った成果です。

しいて言えば、関税などで政府は良い交渉をしてくれたのでしょうけれど、言ってしまえばその程度。

経済の…と言うよりは「経営」の基本中の基本は「好調な時に責める」ことなのですが、有り余るお金と経済発展のお金を、昭和の時代の情けない政治家たちは…。

次の選挙で当選するためのバラマキ。

に使い始めたのです。ここが完全な日本の転換ミス。

業者と癒着した政治家に投票とかし始めたのです。日本人はもっと政治を勉強して「この人なら10年後の未来をよくしてくれる」と予想できる人間に投票すべきだったのです。でも…。

金をもらったから~。

こないだ、仕事を回してくれたから~。

と言う理由で癒着政治家を増やし続けたのです。

それらの人間は決して「有能」な政治家ではないのです。だって有能じゃないからバラ撒くんだから。金をまかないと当選できない政治家なんだから。

そうして、経済発展のイロハの「イ」である「人口問題」をおざなりにしてきた結果、人口減少が始まったってのが日本の姿です。なので苦しくなってきた、と。フランスなんて1800年代後半から人口問題に取り組んできてるのにね…。

さぁ、ではどうしたらいいか考えましょう!

さて、では今後について考えましょう。

1について。

日本の人口は今後は減っていきます。これも『本気論TV』で話しましたね。「人口予測」は世界の研究分野の中でも「最も正確にはじき出せる予測」の一つです。90%以上は当たると言われています。

なので、日本は人口、減っていきます。

困りましたね…。これでは経済発展は難しいか…?

2について。

日本人のライフスタイルはそんなにもう劇的な変化はしていかないと思います。ライフスタイルの変化は「困っている部分が改善される」ことが多いのですが、そもそも、今の日本は困るどころか満足だらけです。

こういう先進国はライフスタイルの変化は発展途上国のように見込めないような気がします。

3について。

ではこれについて少しだけ。

この20年以上、日本に入ってきた新しい文化に注目してみましょう。

YouTube?Google?Apple?Amazon?Twitter?Facebook?…。

おいおいおいおい…。

日本人が新しく取り入れ始めたものって…ほとんど全部…。

英語じゃん!

そうなんです。アメリカの企業がイノベーションを起しまくっていて、それに日本人はお金を出しまくっています。

実は対アメリカの貿易状況は黒字なのですが、日本の現状を考えると、経済発展のためには「外貨獲得」が一番の近道なことは確かな気がします。特に上記1も2も期待薄なので。

「日本には『勿体ない』が劇的に多い!」

しかし、昨年と一昨年、アメリカの大手旅行サイトが「世界で最も魅力的でお勧めできる観光都市は?」というランキングを発表し、2年連続で世界1位に輝いたのが…「KYOTO(京都)」です。これも私のニュースでお伝えしていますよね。

外貨獲得の最短ルートは「観光業」であることは常識です。だって、見てもらうだけでお金落としてくれるんだから。真水効果と言えます。じゃあ、日本はその魅力を世界に発信しているんですか?と。世界相手に営業をかけてるんですか?と。

全然やってないわけ。

中国国内だけで「今後日本に旅行に行きたい」という「潜在的旅行客数」は1億人いると発表されています。中国だけで、です。

今後、日本が本気で「観光立国」としてもポテンシャルを発揮し始めれば、バブル期のような「高度経済成長」は難しいことは確かですが、「経済成長」までは可能と見ます。それくらい海外の資産を真水で流し込めれば、日本にはいい影響が出ます。

実際にビザの緩和をしてから、インバウンドが流行語になっているのは知っての通りです。まだIRすら始まっていなくてもこのレベルは入ってきます。

日本を救う方向性

日本の経済を良好な状態にするには「勿体ない」を解消すればかなり効果があると考えていいです。

・まずは東京しか潤っていない状況をやめて地方に予算と権限を渡しちゃう。こうすれば、地方それぞれの魅力を発展させられます。沖縄と東京を同じ政策で出来るわけないでしょ。それぞれの魅力を伸ばすのであれば豪快に権限を委譲した方が良いです。

・さっきも言ったように利権政治家だらけですから、これを改めるだけで結構な予算は絶対に出てきます。

そのためには維新のように「企業献金は絶対受けない!」と言ってる政党の方が良いはずです。人間、弱いですから。お金もらったら便宜しますって。絶対。

・そして、観光業を進めるのであれば、絶対にIRが必要になってきます。これを「効果的に導入」することが必須です。

「IRの経済効果」

日本人はIRを侮り過ぎです。その経済効果をしっかりと学ぶべきです。

オーストラリアのメルボルンに「クラウンメルボルン」というたった一つの小規模なIRがあります。その一つの収益で上がる「税収」は176億円です。年間で。何が出来ると思います?

ラスベガスと並んで称されるマカオは年間2.1兆円です。税収だけですよ?マカオは大学を出るまで、子供たちは1円も払わなくていいのです。だって2.1兆円入ってくるし。教育にお金を回せるのです。

例えば、私が済む千葉幕張のIR計画、幕張メガフロート計画の場合、民間の調査会社が試算したところ、年間の税収が500億~800億と試算されています。

少なく見積もって500億の税収です。

大阪市では、この4月から4歳児も5歳児も高校生も無償になります。4歳や5歳は、保育園…なんと無認可の保育園まで教育費を無料にします。

4歳児も教育費無償に 認可外保育所も対象 市が方針(毎日新聞)

これに吉村市長が割いた予算が54億円ほどです。子供の教育無料化なんて…実は観光業を発展させれば、全然できるんです。そもそも子供を育てるのって、比較的安くできるようになってるんです。ノートも鉛筆も安いでしょ?

癒着した業者が建物作ってる金があればクーラーなんて、来年には全部つけられるんです(電気代はかかるけど)。

では日本と千葉【幕張】の共通点は?

そこまで考えると、日本の特徴が見えてきます。

一言で言うと「勿体ないが多い」んです。世界的にとても注目もされ、文化も認められているのに、アピールしてないし旅行に来るにはちょっと迷う場所だったりしたのです。

でも、日本はまだ救えます。マカオまでいかなかったとしても、1兆円の税収が増えたとして、そのお金、子育てと現役のパパママ世代に直下したらどうなると思います?

今までは利権政治家たちが、能力もないのに次の選挙で当選したいからって…選挙に行ってくれる高齢者世代にばら撒いてきました。で、ほとんどタンス預金に回ってきました。

1歳、2歳、3歳の子育て世代に直撃させたらそのお金、どうなると思います?

絶対に使う。

子育て世代って、お金がいくらあっても足りません。投下したお金はそのままGDPに跳ね返る。経済効果に直撃させられる。なので、大阪では人口が流入してきているんです。お金が大事だから。助かるならそっちに行きたいから。

では、私の住む千葉1区ってどんな場所だと思います?

40分で成田空港です。

20分でディズニーランドがあります。

40分で東京都心に行けます。

こんな立地条件、他にあったら頼むから教えて。成田空港があるんですよ?で、ディズニーですよ?匹敵するのは関空とUSJとKYOTOを持つ大阪だけです。私はこの2か所(大阪と幕張)に関しては、絶対に観光立県・観光立府として成功すると断言します。

だって、立地、究極だし。

ロクな観光資源のないマカオで2.1兆円ですよ?

絶対に勝てる。と、いうか幕張ってメッセまであるからね?

逆に負ける要素があったら聞きたい。お願いだから教えて。100%論破できる。

日本人は「最初」だけはイヤ。次からついてくる

千葉の幕張や大阪はすぐにでもIRに取り組むべきです。

そして、その税収を徹底的に子供たちに投下する。経済に与える影響は絶大です。

具体的に言いましょう。

大阪はすでにしているので、千葉市だけでも…「子育て無料県」を宣言。学校には全児童に手ぶらで行かせる。ノートも鉛筆も全部用意しておく。クラブもそう。備品は全部行政が用意。

家までは基本的にスクールバス。交通事故者も減る。保育園は認可だけではなく無認可保育園まで無料にしてしまう。これはすでに大阪で出来てる。働くお母さんも絶対に助かる。

それらをIRの収益で作り上げてしまう。

税収が伸びるんだから、それを利権に回さない。徹底的に子供に投下する。

子育てするなら千葉。

住むなら千葉。

教育の間だけでもいいから千葉。

を徹底的にブランディング。成田空港とディズニーがあれば絶対できる。

日本人はホリエモンの球団買収騒動でもそうですが「最初に手を挙げる」ことを嫌がります。

最初に生意気そうな人間がいたら叩きのめします。あの当時のプロ野球経営はジリ貧だったのに。でも、老害じいさんたちがホリエモンを叩きのめして、ぶっ潰したら、じいさんたち、疲れちゃった。

そこで、人のよさそうな顔をして三木谷さんや孫さんが後からかっさらった。

でもお蔭で、今の楽天や日本ハム。去年で言えば広島のような人気が復活したでしょ?広島の去年の視聴率、広島地区で67%ですよ?あのままほっといたら、球団が10球団になってジリ貧になるところだった。

実は三木谷さんや孫さんじゃなくて、日本の野球を救ったのはホリエモンという事実を日本人は理解しておくべき。

叩かれ役は私が出来る

千葉なら私が、大阪なら維新のみんなが、叩かれ役を担える。

叩きがいあるでしょ?

なかなかへたばらないし。

でも、1カ所で改革さえすれば、モデルケースさえ作れれば、日本に、

「観光資源があるんだ」

「子供に投下したら経済が上向くんだ」

という成功例が出来る。

成功例さえ示せば、日本は必ず伸びて行ける。「高度」経済成長は無理でも「経済成長」程度だったら絶対に出来る。

「金」は大事です。

サービスも子育ても全部金がかかる。

資源を有効活用するのであれば、日本には東京以外の地方に宝はいくらでもある。

大丈夫。

日本は全然まだ救えますから。

私のコラム読者だけでも覚えておいてください。

「癒着」がなくて「子育てに徹底的に予算を回す政党」が「維新」なんです。

なので、私は維新なんです。

成田とディズニーと東京を抱える日本最高の立地条件を持つ千葉1区で、声を上げ続けてみます。何回落選しても言うこと変わりませんから。だって間違ってないし。

千葉のみんな、大阪のみんな。一人でも多くこのコラムをシェアして回してください。TwitterでもFacebookでもいい。

みんなで共有することが大事。

日本は絶対救える。

絶対に全員救える。

権利侵害申告はこちら