巨額の損失を計上して経営難に陥っている東芝が、2月14日に予定していた決算発表を1ヶ月延期することを発表しました。

これをどのメディアもトップニュースとして報じましたが、なぜここまで騒がれているのでしょうか?今回は、その疑問を紐解く「決算発表のウラ側」をざっくり解説します。

決算発表の砦=「監査法人」という存在

ところでみなさん、「監査法人」という言葉を聞いたことはありますか?

そもそも上場企業には、決算報告(1年間の収支報告)をする義務があります。そして当然ですが、投資家のためにウソ偽りのない報告をしなければなりません。

しかし、考えてみてください。この「ウソ偽りのない」というのは誰が保証するのでしょうか?誰かがしっかりチェックしないと、企業側がカンタンに“盛った”業績を発表することもできてしまいますよね。

そのチェックのことを「監査」といいます。そして、監査をする会社が「監査法人」。あの公認会計士の集団です。

上場企業が決算報告をする際は、事前に監査法人の監査を受けることが義務付けられています。監査法人は、企業が公開する決算書に間違いがないかをチェックします。

監査法人のOKをもらってから決算発表をしないと…

そんなフローを経て実施する決算ですが、もし監査法人からの「チェックOK」が出ていない状態で強引に発表しようとすると…


企業「決算書できました。こんな感じです」


監査法人「いや、ちょっとここおかしくないですか」


企業「でも、もうこれで発表しちゃいます」


監査法人「じゃあ『この
決算書は信用できない』って書きます」

企業「……」



このようなことになります。

もしこのまま「信用できない」と書かれた決算書を公開すれば、たちまち企業の信頼は失われ、さらには上場廃止になる可能性もあります。

東芝には何があった?

ちなみに、今回の東芝の件においては、決算発表前に原子力事業を手がける子会社「ウエスチングハウス」について何かしらの内部通報があったようです。

そのため、監査法人は同社の決算内容を完全に信用できないと判断。決算書には「今後の東芝全体の事業継続にリスクがある」と記載する予定があったとの報道も。

さすがに東芝もそのような決算書を出すわけにはいかないので、監査法人との折り合いをつけるため、決算発表を延期せざるを得なかったという事情があるのです。

企業が「決算発表を延期する理由」まとめ

決算発表のウラ側、覚えておきたいことは以下2点です。

・企業の決算書が正しいかを第三者としてチェックする存在=監査法人
・企業は、監査法人からOKをもらえない限りは決算発表ができない

企業が決算発表に至るまでには、このように監査法人との調整があるということが分かりました。そして、「決算発表を延期する」ということはほぼ間違いなく悪い材料が出てきてしまったということになります。

今回はそもそも注目度の高い決算であったことに加え、当日に急な延期が発表されたことで、さらに追い打ちをかける大騒ぎになってしまいました。

日本における白物家電のパイオニアであり、約20万人の社員を雇用している巨大企業・東芝の危機。果たして1ヶ月後の決算ではどのようなことが語られるのか。引き続き注目を集めそうです。

【参照サイト】

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら