記事提供:日刊SPA!

女の貧困は一般OLにも深刻だ。明日の見えない貧困OLを中心に「パパ活」が密かに流行している。ネットなどを通じて男性と出会う、いわば新時代の愛人探しだ。薄給から脱するために、体の関係も厭わないというが…。

そこで実際にパパ活サイトとして有名な某サイトXに登録。週末の日時を指定し、掲示板に「一緒にディナーをしよう」と書き込んだ。すると3人からメッセージが届き、登録女性5人に送ったメッセージにも2人の返信が…。

「都内在住、ワープアOLちゃん笑(中略)気に入ってくれたら、助けてくれると嬉しいなぁー」

プロフィール欄にそう書いていた、都内在住の会社員・山田明美さん(仮名・26歳)とカカオトークで連絡を取り合い、彼女が働く会社の最寄り駅で会った。

派手な服を着るわけでもなく、化粧も薄い。普通のOLさんだ。居酒屋で鍋をつつきながら話を聞くと、彼女がパパ活サイトに登録したのは約1年前。これまでに10人の男と出会い、3人とセックスもした。

「もともと奨学金が払えないって友達に相談したときにパパ活サイトを教えられ、登録しました。男側は40~50代が多いですね。セックス目的の人とは初めから会いませんが、会ってみていい感じなら、セックスもありです。いくらって聞かれたら3万円って答えます」

山田さんの目的が小遣い稼ぎなら、セックス目的の男のほうが話は早いと思うのだが…。

「ただ、おいしいものを食べたいんです。私の給料では無理ですから。食事で気が合えば、セックスまですることもありますが、乱暴に誘ってくる人はいませんよ」

山田さんはそう言い、「今日は今年初めての鍋です」と、目の前の鍋に箸を突っ込んだ。山田さんの手取り月給は20万円強。家賃7万円の家に住み、奨学金の返済をしてしまうと、確かに外食するお金など残らないだろう。

ブランドものや海外旅行のためではない。週末に外食する程度のお金欲しさ――それも好きな相手ではなく「パパ」と一緒に。

メッセージをくれた女性すべてに会ったわけではないが、やり取りをした何人かに「何が食べたい?」と聞くと、答えはフランス料理でもステーキでもない。パパ活は、週1回は外食したいという女性の切ない願望が支えている。

―日本型貧困の未来―

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら