19歳にモデルデビューをしたのち、女優、タレントとしても活躍する森泉さん。現在では日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」に出演し、森さんが実際に100均商品を使ってDIYをする企画が人気です。そんな森さんは動物好きとしても有名。今回は森さんが飼っているユニークな動物たちの一部をまとめてみました。

1.ナマケモノのモグモグ

「なまけもの」は、生涯のほとんどを木にぶら下がって過ごすと言われています。木に擬態して、天敵となる動物から身を守っているそうです。

2.フクロモモンガの兄弟

モモンガのオス・メスの見分け方は、①オスは頭と胸にある臭腺部分にハゲができる。メスはハゲない。②オスは下っ腹のあたりに出ベソのような丸いタマが付いている。メスのお腹には育児嚢があるので小さなポッケのようなものがある、だそうです。

3.ミーアキャットのティンカ

ライオンキングの「ティモンとプンバァ」のティモンでお馴染みのミーアキャット。石や岩の多い荒地やサバンナに生息し、ペアや複数の家族群が一緒に生活することもあります。食性は雑食で、昆虫から植物の根まで幅広く食べるそうです。

4.ブタのキャビア

ブタは清潔を好む生物で、類人猿以上に体重や皮膚の状態、内臓の大きさなどが人間に近い動物なのだそうです。また、知能が高く、教えれば芸も覚え、自分の名前も認知するようです。

5.ルリコンゴウインコのポンゴとオオハナインコのモヒート

ルリコンゴウインコは、世界でも最大級のインコのひとつと言われ、興奮すると白い顔がピンク色に染まるそうです。インコは最も知能の高い鳥の一つであり、またその人の言葉をまねする能力からペットとして高い人気があるそうです。

6.カメのミスター&ミセス

リクガメはとても繊細な生き物のようで、適切な飼育器材や環境が必要なのだそうです。デリケートすぎて、環境が変わると慣れるまで元気がない場合もあるとのこと。

7.ツノガエルのジャバ

餌は、昆虫や魚類を食べるようで、大きな口を開けて獲物を丸呑みする様子から「パックマンフロッグ」と呼ばれることもあるそうです。

8.オニオオハシのリオ(上)とジャネー(下)

南アメリカに生息し、主食は果実。しかし、昆虫や鳥の卵を食べたりもするようです。

9.フトアゴヒゲトカゲのスパイク

森林や砂漠など様々な環境に生息。主に、昆虫を食べるが植物も食べるので、雑食なのだそうです。

10.アヒルのリリーとローズ

アヒルの食性は、雑食となっていますが主に穀物類を食べるとのことです。アヒルは年間で150以上の卵を産むと言われています。

このように、動物園で見かけるような動物達を飼育されている森泉さん。家族も動物好きなようで、この他にもたくさんの動物を飼っているそうです。森さんのブログをチェックしていれば、たくさんの動物が見られるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス