記事提供:サイゾーウーマン

『働く男』(文藝春秋)

【第32回】「高須幹弥センセイ、先生イチオシの“塩顔男子”って誰ですか?」

スイーツや塩麹など、なにかと“塩”がもてはやされている昨今、そのブームは男性の顔にまで飛び火している。「彫りが浅い」「一重か奥二重」「シャープな輪郭」などさまざまな特徴がささやかれながら、女子から支持率が急上昇している“塩顔男子”。

しかし、定義はなんだか曖昧。しかも、見方によっては、頼りなく、幸薄そうにも見える彼らに、なぜ突然人気が集まっているの?高須クリニック名古屋院・院長の高須幹弥先生、“塩顔男子”の定義と人気の秘訣を教えてください!

■塩顔男子の定義とは

“塩顔”と呼ばれる男性の顔の特徴は、男性ホルモンの分泌が少なさそうな、さっぱりとした顔立ちです。

男性ホルモンの分泌が活発だと、骨格がゴツゴツとして、髭も濃くなり、ギラギラした男らしい印象になるのですが、塩顔男子はその真逆。

なので、彫りが浅い骨格、一重か、二重でも二重の幅があまり見えない細くて切れ長な目、エラや頬骨、アゴの骨が発達していないシャープな輪郭など、世間でよく言われているものは当てはまっていると思います。

ほかにも、髭が薄い、色が白い、唇が薄いといった特徴も挙げられますね。また、体の線が細く、中性っぽい雰囲気があるのも塩顔男子の特徴でしょう。言ってみれば、サーフィンをやっていなさそうなイメージの男性って感じですかね(笑)。

■星野源は塩顔男子認定ならず

芸能人でいえば、綾野剛さんや加瀬亮さん、森山未來さんなどが塩顔男子と言われているようですね。ほかにもたくさんの芸能人が塩顔男子として名を挙げられていますが、中には「ちょっと違うんじゃない?」という方もチラホラ見受けられます。

例えば浅野忠信さん。目鼻立ちは確かに塩っぽいですが、輪郭がシャープじゃないし、髭も生やしてワイルドなイメージがありますよね。中年太りでカラダも大きいので、アウトだと思います。

それから、ユースケ・サンタマリアさんも塩顔男子とは言えないでしょう。だって、イケメンじゃないから(笑)。輪郭がシャープで一重なだけの男性が、全員、塩顔男子としてモテるわけではないでしょ。

だから、「イケメンであること」も定義として必須だと思いますよ。

そのような観点から、最近話題の星野源さんも塩顔男子ではないですね。ほかの塩顔男子に比べればイケメンではないし、そもそも輪郭がシャープではないですから。

瑛太さんや西島秀俊さんは、イケメンで塩顔っぽい特徴も兼ね備えてはいますが、男らしさを感じる顔つきや体つきをしているので、塩顔男子には当てはまらないと思います。2人とも男性ホルモンが多そうですよね。

ちなみに、僕から見たイチオシの塩顔男子は長谷川博己さん。目は切れ長の奥二重だけどパーツの配置が良く、顔も小さくて、背も高いので。

■塩顔男子が、整形で脱・塩顔!?

世間ではブームの塩顔男子ですが、「綾野剛の目にしてほしい」などのように、整形で塩顔になりたがる男性の患者さんは滅多にいません。逆に、塩顔男子が整形に来て、幅広の二重などクッキリとした目にしたがっているくらいです。

世間には、塩顔でモテている男性もたくさんいるかと思いますが、美容整形に来る男性は、ホストやビジュアル系バンドのような、彫りが深く、目力のある幅広平行型二重にあこがれている人が大半。

パーツにこだわる人が多いので、特徴的なパーツのない塩顔にはあこがれないんですね。塩顔男子最大の特徴である切れ長の目は、整形に来る男性にしてみればコンプレックスでしかないようです。

■塩顔男子ブームは、日本の平和である象徴

塩顔男子は目が細く目力がないので、自己主張が弱く、優しそうな印象を与えます。
男性ホルモンが少なめなので、性欲が強くなさそうで、エッチもタンパクそうな、あまりガツガツしてない感じもありますよね。

そのような雰囲気が今どきの女性にウケているんだと思います。

一昔前は、たくましさのある男らしい顔の男性が人気を集めていましたが、塩顔男子が支持されるようになった背景には、男女平等な世の中になり、女性の社会進出が目覚ましいことも関係していると思います。

男性に守ってもらわなければならないような危険な国ではないし、女性が経済的に自立するようにもなって、強い男性よりも、美しい男性を求める傾向が強まったのでしょう。

でも、男性に守ってもらいたいとか、引っ張ってもらいたいという願望も本能的にあるので、美しさの中に男らしい力強さも感じさせる、“中性”的な塩顔男子がマッチしたんだと思いますよ。

アメリカや、徴兵制のある韓国などではたくましさを感じさせる男性が人気なので、塩顔男子ブームは、日本が平和であることの象徴の1つなのかもしれませんね。

高須幹弥(たかす・みきや)

美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長。オールマイティーに美容外科治療を担当し、全国から患者が集まる。美容整形について真摯につづられたブログが好評。

公式ブログ

権利侵害申告はこちら