記事提供:Conobie

お腹の赤ちゃんにつける名前「胎児ネーム」。我が家では、こんなメリットを実感しました。

「胎児ネーム」決定!

「胎児ネーム」で呼びかけてみた

その日からお腹の赤ちゃんに「トッピー」と呼びかけることに!

より愛着がわく「胎児ネーム」

「トッピー」という「名前」をつけたことにより、“お腹の中にいる謎の生命体”だった赤ちゃんを“一人の人間”として感じられるようになりました。

元気に動いている時、しゃっくりしている時、赤ちゃんの一つひとつの動きが以前よりも“個性”としてイキイキと感じられるようになった気がします。

また呼びかけやすくなったことで、夫婦共に積極的に赤ちゃんに話しかけられるようになりました。

そして新たな言葉も…

「トッピー」という呼び名が定着し、ずっと呼びかけているうちに、いつしか胎動のことを、

「トピり」
「トピる」
「トピってる」

と言うようになり、家族間で新しい言葉が生まれました。

例:「今日はトピりが多いな~」など。

これも、胎児ネームならでは(笑)。

今だけの特別な名前!

赤ちゃんがお腹にいる時だけの特別な名前、「胎児ネーム」

お腹の中にいて、顔もよく見たことがない、どのくらいのサイズかも大体しか分からない、そんな不思議な存在が名前をつけることにより、ぐっと身近に愛着をもって感じられるようになりました。

今だけの特別な名前、つけてみてはいかがでしょうか。

権利侵害申告はこちら