記事提供:日刊SPA!

ラスベガスは深夜も歩けるから、夜景もきれいになれたのだ。

15年間、世界中のカジノを放浪して勝ち続けてきたプロギャンブラーのぶき。「『人生』とは自分軸で生きること、『賭け方』とはこの1時間をどう使うかの戦略だ」と言い切る。

世間体から解き放たれ、「スマイル基準」で人生を勝ちへ導く男が語る生き様論。

〈第34回 カジノ元年!プロがカジノ合法化を斬る!〉

僕は15年間カジノで勝ち続けながら世界を6周してきた。訪れた国は50か国、500か所を出入りしてきた。まぁ、出入りと言っても、プロとして必ず勝ち、出入り禁止になったカジノも多い。

世界でもカジノ経験値はトップレベルで高いと自負するからこそ、今の日本のカジノ問題へぜひ提言したい。まず伝えたいことは、今回の一連のカジノ報道は偏っている。なぜなら、デメリットの報道ばかりだから。

トータルでメリットがありそうだから、カジノを作るか検討しているのだ。それなのに、メリットの報道がほぼ届かない。それは、なにかしらの理由で情報が偏っている現れだ。

そして、不安をあおるのが再訪させるためのメディアの手法でもある。だから、カジノ報道にまどわされないで欲しい。

4つのリスクをプロが一蹴

カジノ合法化について、メディアが述べるリスクの分析と、メディアが述べないリターンを経験から伝えたい。まず、メディアの述べている4つのリスクを今から一蹴する!

◆リスクその壱 治安が悪くなる?そう言ってる人の頭が悪いだけ

ラスベガスのカジノ街は、アメリカでもトップレベルに治安がいい。お金持ちも楽しめるように、警備は徹底している。

アメリカの夜中に出歩ける大都市って、ラスベガスの他にどこがある?日本のJRA周辺でひったくりが多発してるとか、聞いたことないっしょ。治安の悪化例も出さず、不安をあおるメディア。ただの情報操作は、ぽいぽ~~~い!

◆リスクその弐 今さらギャンブル依存症が増える?ってアホですか

ドイツ人に「日本はカジノない」って言うと、「いっぱいあるやん、駅前とかに」って、言い返されたことは何度もある。

ドイツに行くと20台くらいのスロットだけある店もカジノだ。そういう小さいゲームセンターみたいなカジノって、世界中にある。つまり、海外の視点だと「日本はすでにカジノがある!」。

⇒【写真】はコチラ

2008年に国家として独立宣言したコソボのカジノ。

ギャンブルのできる場所が2万か所以上あり、世界有数のギャンブル大国なのが日本だ。

いまさらギャンブル依存症の増加とかいってる人の頭が悪すぎる。もし、ギャンブル依存症に対し、ギャンブル場の提供が悪いというなら、イスラム圏のようにすべてのギャンブルをすぐ廃止すべきだ。

そして、ギャンブル依存症って、ギャンブルが原因じゃない。

もっと社会的とか精神的ストレスが依存症の根本だ。カジノができたら、ギャンブル依存症が増えるってのは、論理の筋違い。現在なにか依存症の人や依存症予備軍の人が、カジノの依存症に推移するだけで、数はほぼ変わらない。

有名なTEDトーク(⇒世界最高峰のスピーチイベントのひとつ)でも、「依存とは、毎日生きるのがつらく、他人とつながりがないことで生じる問題。社会も個人も依存者へ、愛で接してみよう」との提言がある。

※TED Talks公式youtube:Johann Hariさん『依存症についての見解は間違っている』より。

◆リスクその参 マネーロンダリング対策は警察を信じよう

マネーロンダリングとは、犯罪の収益金を資金洗浄といって、一般へ流通できるお金へ変換する行為。すでに世界中で盛んな行為に、日本のカジノの可能性も追加されるってだけの話。

そもそもカジノ運営がされる予定は、対策を講じたあと。世界中の犯罪集団は、世界のどこでマネーロンダリングしやすいかを狙っている。いちいち困難なところで資金洗浄は行われにくい。そして、日本の警察は世界でトップレベルのクオリティーだ。

◆リスクその四 富裕層との格差問題を減らせるのがカジノ

年収億の人や資産を10億持っている人が、10万円勝つためにパチンコに行くか?ってこと。庶民レベルで置き換えると、2桁収入が違うとして絶好調なとき、『1日1000円稼げる!』って、ぜんぜん燃えないっしょ!

富裕層がお金を使える娯楽施設を作るのも、国の責務だ。富裕層が海外のカジノでお金を落としているから、日本にお金が回らず、日本人は富裕層の恩恵を授かれていない。カジノは、富を再分配してくれる。

日本にカジノができると生じる3つのリターンを提言

ここまでは、偏った情報による4つのリスクをぽいぽいした。逆に、カジノができるリターンを提案したい。

◆リターンその壱 ギャンブル業界にも、はやりすたれがあり

手を組むことのみが100年後に生き残れる道。人気の低迷しているギャンブルの種目を雇用ごと施設ごと、カジノへ置き換えりゃいい。さらに、日本イチのギャンブルであるパチンコと手を組む。

僕は世界50か国以上のカジノを視察…ってか勝負しに行った。ベルギーのブリュッセル・オーストリアのウィーンでは麻雀を見た。イギリスのマンチェスターでは、中国将棋もみた。つまり、その地域の文化と融合するのもカジノなのだ。

⇒【写真】はコチラ

グランドカジノブリュッセル内にある雀荘。

『カイジ』ってマンガあるじゃないっすか。その『カイジ』にパチンコ「沼」ってのが登場する。従来のパチンコだと1玉4円が、マンガ内の「沼」では4000円とされる、1000倍のパチンコ台だ。

パチンコで1日10万円の勝ち負けは起こるので、1億円の勝ち負けが起こる。富裕層がトライし「沼で1億勝った」とか「沼に1億やられた」とか、どっちも伝説じゃないっすか。

なぜ、その伝説を創らない!!!『カイジ』という世界に誇れる日本のマンガ文化とのコラボでもある。パチンコ台もカジノに入れよう。

日本にカジノができた未来には、世界のカジノに日本のアニメ入りパチンコを輸出する。そんな未来をチーム日本で掴み取りにいこう!日本のギャンブルを輸出し、国益を生み出すためには、日本にカジノが必要なのだ。

◆リターンその弐 カジノ好きはカジノができたら日本へ来る

日本って「グローバルスタンダードを目指す」とか言うわりには、なぜカジノがないの?100年後にも日本だけないの?まだ日本は鎖国しているの?言っていることとやっていることが真逆でお恥ずかしい。

リスク情報ばかり出ているけど、100年後に日本だけカジノないほうがリスクでしょ?世界中には127か国もカジノがある。カジノこそが、グローバルスタンダードだ。

僕も日本にカジノないので、東日本大震災前とか3年以上帰国できなかった。日本人のカジノ好きは世界へ行くとき、カジノあるかどうかで旅先を決める。

逆もしかりで、海外のカジノ好きが日本へ来ることはない。世界からカジノ好きの富裕層を呼ぶには、カジノはなきゃダメなのです。

◆リターンその参 消費税アップを止められる

世界を6周もしていると、前回に訪れたときはなかった国で、カジノが出現していることも多い。ここ15年でカジノ合法化や、さらにカジノを促進する法律へ変更した国はたくさんある。

そして、いくら収益をあげていると思います?2002年にマカオはルール修正して年間2兆円弱の収益。2010年にオープンしたシンガポールが4000億の収益だ。つまり、最近になって変更したのに、莫大な収益をあげている。

消費税を1%あげると、年2兆円の増収と試算がある。前述のマカオのカジノ収益も年2兆円。大和総研のカジノへの試算によると、国内に3ヶ所カジノができたら、運営の経済波及効果はこれまた年2兆円。さらに建設効果だけでも5.6兆円と試算。

カジノを国内3か所じゃなく、もっと作れば、もっと経済はうるおう。

さらに海外資本のカジノじゃなく、チーム日本で創り上げるべきだ。世界中にカジノがあるのだから困難ではないし、世界中のモノを真似て改善するのは、日本人の得意分野だ。そうすれば、ガッツリ税収となる。

モナコは昔、国家収入の9割をカジノから占めていて、いまもタックスヘブンと言われている。ラスベガスは州税の所得税と法人税がない。外資系カジノ会社を儲けさせるためにじゃなく、日本の税収のために、カジノを創るのだ。

反対している人に問いたい。カジノできるのと、消費税あがるのと、どっちがいい?なにもしなきゃ、またあなたは国に搾取されますよ。今まで消費税だって、0%⇒3%⇒5%⇒8%って、うまく搾取されてきたのだから。

1日でも早くカジノができれば、年2兆円の利益として、毎日54億円が国に入る。逆にいえば、1日遅らせるほど、54億円を失っていることになる。全国民が年1万5000円のお小遣いをもらえるようなもの。とっとと作ろう!

【まとめ】

「正しい判断へは、リスクとリターンの両面からとらえよ」by 人生の賭け方

今回のカジノ合法化についても同様だ。筋違いのリスク情報は、利権保持のために生まれた洗脳かも知れない。利権保持者による「リスクです」に洗脳されたら、何も生み出せず、日本が潰れる。カジノができたリターンも視点におくべきだ。

日本のギャンブル業界が手を組んで輸出を目指し、富裕層を日本の最新カジノへ呼びこみ、税金すら抑えられる。ぜひみんなで、カジノを作ろう。

【プロギャンブラーのぶき】※facebookフォロワーさん大歓迎

1971年東京都生まれ。15年間カジノで勝ち続けたお金だけで、世界6周。東日本大震災時、ボランティアのため一時帰国。すると、メディア・講演依頼など各方面から引っ張りだこに。検索「プロギャンブラー」にて独占状態。

著書に『勝率9割の選択』(総合法令出版)、『ギャンブルだけで世界6周』(幻冬舎)。

FACEBOOK

オフィシャルブログ

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら