オーストラリア、シドニーに本社を置くテレビ局「9 News」が伝えた…あまりにも衝撃的なニュース。これが

■思わず三度見してしまった!
■「九死に一生を得る」とは、まさにこのこと!
■これは映画化すべき!それくらいの奇跡!

と、海外を中心に話題となっていたので紹介したいと思います。

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州シャーロットベイで、2017年2月7日に発生したという…このニュース。

なお、とんでもない事故に巻き込まれたのは、オーストリア人男性“Daniel Miller(45歳)”さんでして、自宅周辺でパワーショベルを操縦していたDanielさんは、ぬかるんだ足場に気付かず、水たまりに、パワーショベルごと転落。さらに運悪く、パワーショベルの下敷きになってしまうという…衝撃のアクシデントに見舞われました。

押しつぶされる事はなかったものの、全く身動きが取れない状況に陥ったDanielさん。また、助けを呼ぼうと何度も叫んだそうなのですが、なんと、5時間もの間。誰にも気づいてもらえなかったという…Danielさん。

では「奇跡すぎる!」「まさに九死に一生!」と世界中の人々の度肝を抜いていた…救出直前のDanieさんの姿。どうぞご覧下さい!

ん!? Danielさんはどこ!?

え!?!?

Danielさん、いたぁぁぁぁぁ!!!

1cmでも沈めば完全に溺死する…この状況。

これは奇跡としか言い様がない!!!

鼻呼吸、また、体をのけぞらせる姿勢を保つことで、何とか呼吸を確保、助けを呼び続けていたそうですが、水面と鼻との距離はわずか数cm。もし、パワーショベルが少しでも沈み込んでいたら…Danielさん。確実に溺死していたに違いありません。

レスキュー隊によって無事、救出されたDanielさん。

すぐに、レスキューヘリによって、近くの病院に搬送されたそうですが、長時間、水に浸かっていたことによる低体温症、及び、落下時に軽症(背中)を負っていたものの、それ以外は特に大きな怪我もなく無事だったそうです。

1cmでも沈めば終わり

という状況下、5時間もの間、耐え抜いたDanielさん。これは天晴れとしか言い様がありませんね。

「彼が助かったのは運ではなく、彼の肉体と精神力の強さによるものです。」

と語ったDanielさんの奥さん。また

「彼は伝説の男です。」

とも、話していました。(笑)

少しでも体を緩めれば、溺死してしまう…この状況。ちなみに、Danielさん。5時間もの間、ずっと二人の子供と、奥さんの事を考えていたそうです。

拳を突き上げ、無事をアピールするDanielさん。彼の肉体と精神力の強さは…紛れもなく本物ですね。

普通の人であれば数十分で心が折れてしまいそうな状況の中、5時間もの間、耐え続けたDanielさん。今後“伝説の男”として、語り継がれていくことでしょう。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら