白菜とお肉を“交互”に重ねて作る「ミルフィーユ鍋」。

手軽に作れるうえ、見栄えもいい…この鍋は、もはや冬には欠かせない鍋となっていますが、そんな定番の鍋を更に美味しく頂こうと考案された…目から鱗的裏技レシピ。これが現在、Twitterを中心に話題沸騰中なので紹介したいと思います。

■これやばい!食べたい!
■なんぞこれ!超美味そう!
■見た瞬間涎じゅわじゅわってなった!

など、たくさんの声が寄せられていた…このレシピ。さらに

こんなんうまいにきまってる!

という最強の誉め言葉まで!(笑)

なお、制作したのはTwitterユーザー“そごご@肩甲骨をグッ♪”さんでして、作り方から食べ方まで、惜しげもなく披露された極上レシピは、食べなくてもわかる…最強レシピ!

これは晩御飯のローテーション入り、確実ですよ!(笑)

トマト1個で生まれ変わるミルフィーユ鍋!

特別な材料を必要とすることなく、トマト1個で生まれ変わるという…ミルフィーユ鍋。では、見る者全てを虜にしていた

トマト入りミルフィーユ鍋

どうぞご覧下さい!

トマトを包み込むように並んだ…白菜とお肉。

すでにワクワクが止まらないのですが、ここから、ことこと煮込んだ結果…

ミルフィーユ鍋が超絶進化!

こんなんうまいにきまってる!!!(笑)

肉や白菜のうま味に、トマトの心地よい酸味が合わさり、絶妙なハーモニーを醸し出す…絶品ミルフィーユ鍋。これは食べなくても“美味い”と確信出来ますよね。なお、用意する材料は

■豚バラ 100~150g
白菜 1/4カット
■トマト 1個
■水 400ml
白だし 50ml
■酒 50ml
■醤油 大さじ 1~1/2

コチラの7種類となっており、気になる作り方は…

1. トマトのヘタをとって、お尻側に十字の切れ込みをいれて鍋の真ん中に入れる
2. 周りに白菜と豚肉をみっちり詰める
3. 調味料を入れて煮込む

このようになっています!

さらに美味しく食べる為には?

トマトを入れただけでもかなり美味しそうですが、そごご@肩甲骨をグッ♪さん曰く

1. 別の器にポン酢を入れる
2. あっつあつトロトロのトマトをほぐす
3. ほぐしたトマトをポン酢に入れる
3. 白菜と豚のミルフィーユをつけて食べる

この手順で食べると、美味さは倍増するのだとか。

想像しただけでヨダレが出る…トマト入りミルフィーユ鍋。Twitter上には

■トマトかー。これは今度試してみようかな。
■これはどうやっても美味しく頂けるメニューだわ。
■トマト苦手だけど、これなら食べれそう。
■トマトを加熱するといい出汁が出るんだよね。
■絶対に作ると決めた!

等、称賛の声が多数寄せられていました。

「とろろ」を入れると美味さ倍増!

さらに、美味しく食べる為に考案されたのが、「とろろ」を入れるというアイデア。とろろが、豚と白菜のうま味(出汁)を吸い、モチモチの触感になるのだそうです!

カマンベールチーズも抜群に合うらしい!

トマト入りミルフィーユ鍋にカマンベールチーズを入れると、さらに美味しさアップ!

シメにゴハン入れれば絶品の「チーズリゾット」の完成です!ウマ(゚Д゚)ソウ!!!

日本テレビ系列「世界一受けたい授業」でも紹介され、ゲストの方々が絶賛していたという…カマンベールチーズ乗せミルフィーユ鍋。これは絶対に試したい!

今晩のメニューは「トマト入りミルフィーユ鍋」で決まり!(笑)

トマトが大好き過ぎて生まれたという…このレシピ。なお、新鮮なトマトがない場合、トマトのホール缶でも代用出来るみたいなので、トマト好きはもちろんのこと、トマト好きじゃない方も是非一度、お試し下さい!

この記事は権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら