甘くておいしい。小さいお子さんから大人まで、が好きだという人は多いのではないでしょうか。

一口にと言っても、「あまおう」「とちおとめ」などいろんな種類がありますが、みなさんはどれくらいの数を知っていますか?

そんなの種類について、「築地市場ドットコム」さんが、築地の様子や旬の食材などを紹介されている公式アカウント(@tsukijiichiba)で、「苺の品種別分布図」を公開されているんです。

こちらがVer.01

(※権利者の許可を得て掲載しています)

果肉の柔らかさや形が見事に分布されていますね。これだけでなんと16種類!これは見ているだけで楽しくなってきます。(ちなみに、第1段は「りんごの蜜入り断面図比較表」でした)

こちらのツイートの最後で、「断面図がない苺はこれから撮影して追加していきまーす」とコメントされていますが、今回新たに12種類が追加された「苺の品種別分布図Ver.02」が公開されて話題になっています。

こちらがVer.02

出典 https://twitter.com

全28種類!!圧巻ですね!

種類が増えて、見た目にもとっても鮮やか!しかも中の人が全部食べられていて、食味のチェックもしているとのことなので、これは信頼性もバッチリですね!

※とはいえ、産地や生産者さんによって微妙に違いがあるので、あくまでも参考程度にどうぞ、とのことです。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートは、第1弾も第2弾のVer.01とVer.02も注目を集めており、どれもたくさんのRT(リツイート)やいいねがされるほど話題となっています。見た人たちからは…

・こういうのすごく嬉しい
これはいいものだ
いいですねー
・こんなに種類があるということが驚き
・こんなに種類あるとは知りませんでした
・ハンカチとかにして欲しい
これを見ながら食べ比べしたら楽しそう

などの声がたくさん寄せられています。

この図を見て苺が食べたくなったという方は、良ければ是非この図を見ながら苺の食べ比べをしてみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら