2017年1月スタートの新ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系、毎週木曜 午後10時〜)の主題歌として、2年9ヶ月ぶりにシングル『私』をリリースしたシンガーソングライターの大塚 愛さん。彼女がドラマ主題歌を手がけるのは実に9年ぶりのこと。

2011年には女の子を出産し、1児のママとなった大塚さん。今回Spotlight編集部は、そんな彼女に新曲をリリースするに至った心境や、気になる家族のことをインタビューさせていただきました。

―ドラマ主題歌として久しぶりのシングルリリースとなりましたが、一般視聴者からすると「大塚 愛って最近何してたの?」というのが正直な感想だと思います。

そうですよね。基本的には子育てを軸にした生活をしつつ、空いた時間で絵本を出したり、「Rabbit」というバンドに参加したりしていました。

ただ、出産を機に東京を離れて、忙しかった日々からごく普通の生活になって自分を見つめ直した時に、気づいてしまったんですよね。

私、この仕事向いてなかった。実力ないなって。あとは、勝手に言われることが広がっていく恐ろしい世界にいたんだなと。音楽だけに没頭できない。

出産というタイミングでそういう世界から距離を置くことができて、そこからは「どうしようかなぁ…もう(音楽)辞めようかなぁ」ってずっと両方の気持ちを行き来してました。

―そこから再始動に至るまでには、どういう心境の変化があったのでしょうか?

自分の実力のなさに気づきながらも、結局何をしていても常に過去の「大塚愛」のイメージがつきまとってくるんです。そんな中でだんだんと、(音楽を)やらないよりかは、やったほうがそれを更新できるんじゃないかなっていう気持ちになっていって。

売れ線とかじゃなくて、今の自分がイイと思う音楽をやってみようと。

―音楽と家庭の両立は大変ではないですか?

まず、本当に主人には恵まれてるなと思います。私は気持ちの余裕がなくなると色んなことが崩れてしまうタイプなので、いっぱいいっぱいになっていると思った時は、思いっきり家事をサボってバランスを取るようにしていて。

それに対して「やれよ」って言う旦那さんもいると思うんですが、主人は文句も言わずにサポートしてくれます。加えて娘も、「ママをサポートしなきゃ」っていう気持ちが強い子で。

―娘さんも!?まだ幼稚園生ですよね。

そうですね。わが家は「住んでる人がみんなで働こうよ」っていう価値観なんです。娘にも「あなたも一緒に住んでるんだから、掃除するのは当たり前だよね」と話してます。

私も娘も同等の立場で、お互い助け合っている関係性ですね。

―子どもの気持ちを考えたりして、音楽活動にうしろめたさを感じてしまうことはありますか?

娘によく聞くんです。「ママが仕事をするってことは、どうしても一緒にいられない時間が増えてしまう。でもあなたが寂しいと思うなら、私はあなたを優先する。仕事もすぐやめるから、その時は言ってね」って。でも、そう聞くと必ず「ゼッタイやめないで!」って返ってくるんですよね。

そうやって彼女の気持ちは確認してますが、何かあれば子どもを優先する。そこはハッキリしてます。

―最後に、今後はどう音楽と向き合い、どういう曲を作っていきたいと考えていますか?今の素直な気持ちを教えてください。

今振り返れば、デビュー当時は「生活しなきゃ」って毎日本当に必死でした。ちょっとでも交通費を節約するために、電車に乗る前に数駅分自転車で移動してたくらいですから。

その後も私はすごいリリースが多かったと思うんですけど、それは若い時しか歌えない曲が多かったからなんです。10代の時に作った曲を20代になっても歌っていたので、とにかく早くリリースしていかないと年齢が追いつかない。幸いにも顔が童顔だったから、ギリギリなんとかなったんですけど。笑

当時は本当の自分とのギャップに苦しみながらも、自分の甘い声とか、ヒット曲で染み付いたイメージに合わせて音楽をしてしまってました。

でもこのシングルに関しては、バッサリ(いろんなものを切り捨てて)生きてきた素の自分に近いものを、やっと出せたかなと思ってます。「自分の声じゃ合わないだろうな」とか、いろんな葛藤がありましたけど。

出産を経て音楽と向き合う状況も変わったからこそ、今はクビになるまで好きなことをやってやろうという気持ちでいます。笑

2年9ヶ月ぶりの新曲『私』は2月15日発売!

飾らない言葉で現在の素直な気持ちを語ってくれた大塚さん。立ち止まり、客観的に自身の人生や音楽を見つめ直すという経験が人間としての厚みを増しているような気がしました。

そんな彼女の新曲『私』には、過去や他人の評価に捉われず「私をもっと生きよう」というメッセージが込められています。『嫌われる勇気』というドラマのために書き下ろした楽曲でありながら、まさに今の自身の気持ちとぴったりリンクしたこのシングル。

みなさんが知っている大塚 愛とはひと味違う、ありのままの彼女の歌をぜひ聴いてみてください。

出典 YouTube

木曜ドラマ『嫌われる勇気』も要チェック!

シリーズ累計180万部超のビジネス書を大胆に実写化した刑事ドラマ『嫌われる勇気』は、毎週木曜日午後10時〜絶賛放送中。

同書の肝である『アドラー心理学』を体現するのは、香里奈さん演じる女刑事・庵堂蘭子。「世界一嫌われている女刑事」庵堂蘭子の生き方を通して「自由、そして幸せになるための勇気」の必要性を問い、見るだけでアドラー心理学を学ぶことができる新感覚のミステリードラマとなっています。

大塚さんの楽曲が彩る世界観に包まれた同ドラマもぜひご覧ください!

【大塚 愛(おおつか あい)プロフィール】
1982年9月9日生まれ。2月15日に約2年9ヶ月ぶりとなるシングル「私」をリリース。「私」はフジテレビ系ドラマ木曜劇場「嫌われる勇気」主題歌・カップリングには、五感で巡る花の体験型デジタルアート展『FLOWERS by NAKED 2017 ー立春ー』テーマソング「サクラハラハラ」を収録。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら