タレントの鈴木奈々が、乳がん検診を受けていたことを告白

バラエティタレントとして数々のテレビ番組に引っ張りだこの人気者、鈴木奈々さん。

底抜けに明るいキャラクターと、リアクションの大きさが評判を呼び、どっきり系番組にはもはや欠かせない存在となっていますよね。

そんな彼女が9日にブログを更新し、胸にしこりを見つけ、病院で検査していたことを明かしました。

旦那さんとデート中に
胸が急に痛くなって
胸を触ってみたら
コリコリ動くしこりがあって
今日病院に行ってきました。

病院に行くのは怖かったけど、
不安の方が強すぎて
乳腺外科に行きました。

しこりを見つけてからの
一週間はずっと不安で
食欲もいつもよりなくなり
ぐっすり眠れなかったです。

出典 http://lineblog.me

しこりを見つけてからというもの、不安に心が苛まれてしまっていたと振り返った鈴木さん。8日に病院で超音波エコーの検査を受け、しこりが良性のものであったと判明し、胸をなでおろしたのだそうです。

検診の大切さを訴える

今回、検査を受けることで不安が安心に変わったと語った鈴木さん。初の乳がん検査を経て、改めて検診の大切さに気付かされたといいます。

今回の事があって
検診の大切さを知りました。

早期発見、予防の大切さを
知りました。

自分で守ろう。自分のからだ。

出典 http://lineblog.me

若いからといって安心しきらないことが大切だと力説していました。

自分で守ろう。自分のからだ。

最近ではバラエティタレントの枠にとらわれず、プロレスにも挑戦するなど体を張った仕事も多くこなしているだけに、日頃からこまめなケアを心がけることの大切さを改めて感じていたのであろう鈴木さん。

ブログの最後には、自身のファンである若い女性たちに語りかけるように、「自分で守ろう。自分のからだ。」と綴り、若さに安心せずに各種検診をきちんと受けることの大切さを力説していました。

平愛梨も子宮頸がん検査を実施

偶然にも、鈴木さんが乳がん検診を受けた8日は、女優の平愛梨さんが東京都の「それゆけ!検診女子」子宮頸がん検診応援ガールに就任し、初の子宮頸がん検査を受けたことを報告していたばかり。

「子宮頸がん検診」って耳にすると、どんなことをするんだろうー、痛いのかなーなど気が進みませんでしたが、先輩の皆さんのお言葉に励まされ思い切って受診しました。
思ってたイメージと全然違い、痛みもなく短時間で済み先生が丁寧に説明して下さりとても安心しました。

まだ若いからいいや、今元気だから大丈夫、検査がコワイ...そんな風に思っている女性達に応援ガールとして受診をオススメしたいと思います。

いつまでも健康で元気でいるために、ぜひ( ´ ▽ ` )ノ

平さんも、実際に検査を受けることで“痛い”というイメージが払拭されたことを報告し、若い世代への検査実施を呼びかけていました。

検査推進のきっかけに!

まだまだ低い水準だという日本のがん検診受診率。
若い世代の芸能人たちが、実際に検査を受けていることをオープンにすることで、ついつい安心して放置してしまいがちな若い世代への意識付けを行うことができそうですよね。

鈴木さんや平さんも言っていたように、定期的な検診や、ちょっとの体調変化も敏感に気にかけることが、ずっと健康な体でいるためには大切ですね。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら