記事提供:Conobie

食べても食べなくても困ります。

当時は「泣かせてはいけない」「泣き止ませないといけない」と思い込んでおり、必死でした。

食べないよりマシ!と言われることもありますが、食べ過ぎても心配になるものです。

私は10代のころ、摂食障害の時期がありました。

そのため、出産するまでは子どもの体型について過敏になっていたのかもしれません

今は楽しく食べてくれたら、それだけでいいです。

これからも美味しいものをいっぱい食べていきたいです。

成長した娘とウォーキング…楽しそうだな~と夢も広がっています。

権利侵害申告はこちら